ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ホリエモン的常識

新国立競技場 もはや利権群がるただの巨大公共事業
【ホリエモン的常識】

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]
【第45回】 2015年8月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
Q.複数の参加者の心理戦を楽しむ「人狼ゲーム」や「リアル脱出ゲーム」などのイベントが広がりを見せています。インターネットや仮想社会が身近な一方で、リアルの場にしかない価値とは何だとお考えですか。

人と人が高密度で話し、遊び、つながるSNSは
集客手段としても最適・不可欠なツール

A.インターネット、特にモバイルブロードバンドとSNSの発達が、このようなゲームの人気に拍車をかけています。

 なぜならどちらも、小規模な開催である一方で、大人数の参加が必要という点で共通しているからです。SNSは、リアルの世界にとって不可欠なものとなっているわけです。

 例えば、小規模なゲリラ的イベントの開催を、多くの人に告知するのはコスト的にも難しいですが、SNSを使って情報を拡散させれば比較的簡単に人を集めることが可能になります。規模自体は小規模ですから、必要な人数は容易に集まります。つまり、SNSによる集客がまさにベストな方法なわけです。

 そもそも人と人が会って話す・遊ぶ、それも高密度で、というのは一番贅沢な遊びです。これまでは人と人をマッチするのが難しかったのですが、メッセンジャーやSNSの浸透で、一緒に食事に行ったり飲みに行ったりするのが簡単にできるようになりました。

 さらにこのような複数人で行うゲーム好きの人々が、同時にSNSを頻繁に利用するユーザーだったわけです。サバゲーなども新しい遊び方も生まれていますが、一方では麻雀などのひと時代前のゲームも、SNSのおかげで復活の兆しがあります。

Q.新国立競技場の建設計画が白紙となりましたが、今後どのような方法で新国立競技場の全容が決まるのか、建設費はどうなるのかなど、いまだ視界が開けません。国や東京都の予算が入る工事において、国民が納得するにはどのようなプロセスを踏むのがよいのでしょうか。

民間の知恵と資金とパワーをフル活用すれば
税金ゼロで最高機能の競技場が作れるはず

A.そもそも国立競技場があるような超一等地にこのような施設を作る場合、公共性のあるレギュレーションを決め、民間から賃料を取り全面委託するのが正解です。

 国民の税金を一銭も使わず効率的なうえ、民間の知恵でより魅力的な施設・運営も可能になります。これにより新たな人の流れも作り出せるスタジアムを建設することが可能になると思います。

 では、なぜそうした方向で議論がされないのか。

 単純に、予算を獲得し配分をすることが利権になっている人たちが、こうした動きを阻止しようと懸命だからです。

 民間資本がまだ十分に蓄積されていない発展途上国であれば、国家予算が必要になりますが、日本では必要ありません。必要でないにもかかわらず、発展途上国時代からの利権が、今日まで脈々と受け継がれてきているのです。

 税金を使わず、機能・構造とも優れ、公共性も十分に兼ね備えたスタジアムができれば、文句を言う人はほとんどいないと思います。そういう当然のプランを、国民がもっと政府や利権者たちのみなさんに対して、アピールすることが必要ではないでしょうか。

毎週月曜日に配信!

あのホリエモンのメルマガがダイヤモンド社から配信開始

  • 毎週月曜日は、通常号「堀江貴文 ブログでは言えない話」
  • 毎週火曜日は、DPMだけの特別配信「ホリエモン的常識」
    (週刊ダイヤモンド連載生原稿)

メルマガ申し込みへ

●橘玲、闇株新聞などダイヤモンド社の著者がメルマガを配信!DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]

1972年福岡県八女市生まれ。血液型A型。実業家。元・株式会社ライブドア代表取締役CEO。民間でのロケット開発を行うSNS株式会社ファウンダー。東京大学在学中の1996年、23歳のときに有限会社オン・ザ・エッヂ(後のライブドア)を起業。2000年、東証マザーズ上場。2004年から05年にかけて、近鉄バファローズやニッポン放送の買収、衆議院総選挙への立候補などといった世間を賑わせる行動で一気に時代の寵児となる。しかし2006年1月、証券取引法違反で東京地検特捜部に逮捕され懲役2年6ヵ月の実刑判決を下される。2013年11月に刑期を終了し、ふたたび自由の身となって「ゼロ」からの新たなスタートを切った。自身のブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」で独自の見解を展開中。著書に『徹底抗戦』『人生論』『希望論』など。TV、ラジオ、インターネット番組と幅広く活躍中。


ホリエモン的常識

日本で一番有名な企業家、ホリエモンが世間の常識に囚われずに、本音の回答を行なうQ&A連載がスタート。

毎回、起業、IT、テクノロジー、経済、時事問題などあらゆるジャンルの質問に答えていきます。質問は以下から q-horie@diamond.co.jp  週刊ダイヤモンドでの連載と連動し、DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)では、フルバージョンでの配信も行ないます。

「ホリエモン的常識」

⇒バックナンバー一覧