ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本一サービスにうるさい街で、 古すぎるキャバレーがなぜ愛され続けるのか
【第3回】 2015年9月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
山崎征一郎 [銀座・キャバレー「白いばら」元店長]

二・二六事件の青年将校も来店していた
キャバレーは安心して遊べる場所だった

創業80年、伝説の老舗キャバレー、東京・銀座「白いばら」に50年間勤務し、名店長といわれた著者が、お客様のための創意工夫をはじめて明かした『日本一サービスにうるさい街で、古すぎるキャバレーがなぜ愛され続けるのか』から、抜粋してお届しています。

 白いばらが銀座にあるのは、広島から上京した初代社長・大住米太郎が、たまたま築地の明石町に住んでいたからです。一九三一年、白いばらの前身となる『広島屋』という名前の食堂を深川に開きます。ご飯が美味しく大評判だったと聞いています。

 そして翌年、『麗苑』という名のカフェー(=ホステスのいる店)を出店します。銀座を選んだのは、築地に近かったことが主たる理由でした。

 その後、営業形態はそのまま、一卓三円をモットーとしつつ、『ミス親類』『処女林』『第一銀座』と、店名を三度変えています。

 そんな折、銀座五丁目の表通りにあった『タイガァ』というカフェーが閉店することになり、多くの女給さんが路頭に迷いそうになりました。

 そこで、初代社長はその女性たちを全員雇い入れ、一九三五年、『ニュータイガー』という名前のクラブを開きます。お客さまには、作家や俳優、さらには二・二六事件の青年将校たちなどがいました。なかでも寅年の将校たちは、「タイガー=寅年」ということで足繁く通ってくれたそうです。

 一九三六年の二・二六事件の前日にも来店し、指定席だったステージの見える席に座り、軍刀で植木をバサッと切り、そこにいたホステスたちに「あすの号外を楽しみにしておけ」と言い残したと聞いています。

 戦時色が強まると、敵対国の言葉(=敵性語)はよろしくないという風潮が強まり、タイガーの店名を『南宝』に変えました。店内でも敵性語は禁止となり、マッチは「当て擦り」、サイダーは「噴出水」、マイクは「送話器」、サックスはなんと「金属製曲がり尺八」。ついには、クラブという営業形態自体もけしからんと、一九四四年にはタイプライターの修理工場になりました。平和な世の中になったら、再びクラブを再開しようと思っていた矢先、建物が空襲で消失してしまいます。一九四五年、三月。終戦の五ヵ月前のことでした。

 そして一九五一年になって、キャバレーとしての営業が認められ、純粋・無垢をイメージする『白いばら』を店名に、再出発することになったのです。

 昭和・平成と激しい時代の流れにさらされながら、二代目・大住政弘、三代目・一誠が店を継ぎ、守ってきました。

 前述のように銀座に店を構えることになったのは、言わば偶然でした。でも、成功を収めることができたのは、その“偶然”によるところも大きいと思います。

 戦後しばらくの間、大人の遊び場所といえば銀座・赤坂・六本木ぐらいしかありませんでした。なかでも銀座の近くには東京駅があって、地方から出張で上京したお客さまも、かなりの数、遊びに来てくださいました。

 遠方から電車に揺られてくると、旅の疲れから、東京駅近くの宿に泊まることが多くなります。そこを拠点に、日中、取引先や政治家のところに出かけ、夜には疲れを癒しに「一杯飲みに行こう」ということになります。その時、土地勘も時間もないため、自然と宿泊先から近い銀座に向かうことになるのです。

 敷居の高い銀座のお店の中でも、白いばらは安心して遊べるお店だったのでしょう。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


山崎征一郎 [銀座・キャバレー「白いばら」元店長]

 

「白いばら」に50年間勤務し、店を支え続けた伝説の店長。
1941年、池袋生まれ。1960年、高 校卒業後、早稲田にあった予備校に入学。勉強がイヤで銀座を徘徊中、「ボーイさん募集」の看板を偶然見つけ、その日のうちに「白いばら」に入店する。翌 61年、高級クラブに移るが、62年に「白いばら」に再入店。1980年に店長に就任する。入店以来、2011年の退店まで50年間、ほとんど休まずに店 に立ち続けた。実直で飾らず、優しい人柄が多くの人に慕われ、経済界にも広い人脈を持ち、退店後の今もその関係は続いている。


日本一サービスにうるさい街で、 古すぎるキャバレーがなぜ愛され続けるのか

「白いばら」は銀座にただ1軒だけ残るキャバレー。創業80年以上の歴史を持つ老舗で、今でも200人以上のホステスが在籍し、連日多くの客で賑わっている。50年間お店に立ち続けた山崎元店長が初めて明かす「白いばら」が愛され続ける理由。
 

「日本一サービスにうるさい街で、 古すぎるキャバレーがなぜ愛され続けるのか」

⇒バックナンバー一覧