ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ハーバードの知性に学ぶ「日本論」 佐藤智恵

グローバル化で東京と地方の格差はますます拡大する

ジェフリー・ジョーンズ教授に聞く(1)

佐藤智恵 [作家/コンサルタント]
【第1回】 2015年9月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ハーバードビジネススクールを代表する知日派、ジェフリー・ジョーンズ教授。20年以上、日本の経営史を研究し、過去には学習院大学の客員教授を務めたこともある。ビジネススクールだけではなくハーバード大学エドウィン・O・ライシャワー日本研究所教授も兼任し、渋沢栄一から環境ビジネスまで幅広く研究活動を行っている。昨年は4度も来日した。

ジョーンズ教授は現在、MBAプログラムで経営史を教えているが、特に授業で焦点をおいているのがグローバル化と格差の問題だ。授業では日本の事例も登場する。

なぜハーバードで格差問題を教えるのか、日本から何を学ぼうとしているのか、日本の強みと課題は何か。ジェフリー・ジョーンズ教授に忌憚ない意見を伺った。(聞き手/佐藤智恵 インタビューは2015年6月22日)

グローバル化が引き起こす
格差社会に警鐘をならす

佐藤 日本では昨年、「21世紀の資本」(トマ・ピケティ著)がベストセラーとなり、格差社会について大きな議論が巻き起こりました。

 ハーバードビジネススクールの選択科目「起業家精神とグローバル資本主義」では、歴史を動かしてきた要素の1つとして「格差」の問題をとりあげています。「グローバル化が進めば、富も知識もフラット化する」と言われてきましたが、授業では「グローバル化が進むほど、富と知識が特定の場所に集中する」「1914年以前と比べても格差は拡大している」と格差社会に警鐘を鳴らしています。その根拠は何でしょうか。

ジェフリー・ジョーンズ Geoffrey Jones
ハーバードビジネススクール教授。専門は経営史。同校の経営史部門長及びハーバード大学エドウィン・O・ライシャワー日本研究所教授。MBAプログラムでは選択科目「起業家精神とグローバル資本主義」を教えている。グローバルビジネスの歴史と責務を専門に、金融、貿易等のサービス分野から化粧品、トイレタリー等の消費材分野まで幅広く研究し、多くの著書を執筆。主な著書に『ビューティビジネス―「美」のイメージが市場をつくる』(中央経済社)、『多国籍企業の変革と伝統: ユニリーバの再生(1965-2005年)』(文眞堂)。2016年、環境ビジネスの歴史をテーマとした新刊“Profits and Sustainability: A Global History of Green Entrepreneurship”(Oxford University Press 2016)を出版予定。

ジョーンズ 「グローバル化は勝者に報いて、敗者に不利益をもたらす」というのが私の基本的な考え方です。それは歴史を見れば明らかです。これを証明するような構図が何度も出現しています。

 私の授業は19世紀のアヘン貿易の事例から始まります。

 19世紀、勝者は西欧諸国でした。産業革命をきっかけに西ヨーロッパはますます豊かになり、他の国々はその支配下で食料や原材料を供給するサプライヤーになることを余儀なくされました。

 デヴィッド・リカードのような古典派経済学者は、「自由貿易を推進すれば『比較優位の原則』が働き、富は拡散するはずだ」と唱えていました。ところが現実には、そうはなりませんでした。富める者はますます富み、貧しい者はますます貧するという構図が明らかになったのです。

 ネイティブアメリカン等の先住民も19世紀の敗者です。アメリカ、オーストラリア、南アフリカ等では、白人が支配地を拡大する過程で多くの先住民が犠牲になりました。

 グローバル化と工業化が世界全体の富を増やし、人々の平均寿命を長くすることは事実です。一方で、勝者と敗者の間に著しく格差を生じさせることも事実なのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

佐藤智恵 [作家/コンサルタント]

1970年兵庫県生まれ。1992年東京大学教養学部卒業後、NHK入局。報道番組や音楽番組のディレクターとして7年間勤務した後、2000年退局。2001年米コロンビア大学経営大学院卒業(MBA)。ボストンコンサルティンググループ、外資系テレビ局などを経て、2012年、作家/コンサルタントとして独立。2004年よりコロンビア大学経営大学院の入学面接官。近年はテレビ番組のコメンテーターも務めている。主な著書に「世界最高MBAの授業」(東洋経済新報社)、「世界のエリートの「失敗力」」(PHPビジネス新書)、「ハーバードはなぜ仕事術を教えないのか」(日経BP社) 
佐藤智恵オフィシャルウェブサイト:http://www.satochie.com


ハーバードの知性に学ぶ「日本論」 佐藤智恵

世界に数多くのスーパーエリートを輩出してきたハーバードビジネススクール。その授業では、「日本」が教材となることも少なくないという。この連載では、作家・コンサルタントとして活躍する佐藤智恵さんがハーバード大学の教授たちにインタビュー。「なぜ日本(企業)について教えるのか」「日本はどのように世界に貢献できるか」など、示唆に富んだインタビューを通じて、ハーバードの知性が教える「日本論」を学ぶ。

「ハーバードの知性に学ぶ「日本論」 佐藤智恵」

⇒バックナンバー一覧