ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
稲盛和夫経営講演選集(公開版) 「経営の父」が40年前に語っていたこと
【第3回】 2015年9月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
稲盛和夫

稲盛和夫が語る「企業家精神」【第3回】
――対立、赤字、いじめ。苦悶の日々

1
nextpage

稲盛和夫が語った起業の「原点」とは――。京セラとKDDIという2つの世界的大企業を創業し、JAL再建の陣頭指揮を執った「経営の父」稲盛和夫氏。その経営哲学やマネジメント手法は世界中に信奉者を持つ。
今回、『稲盛和夫経営講演選集』(第1~3巻)発刊を記念し、1976年に起業時の経験を語った貴重な講演録を、全5回に分けて掲載する。第3回は、アメリカで「日本人としての壁」と赤字に苦しんだ試練のエピソードをお送りする。

「敗戦国の人間に叱られるなど耐えられない」

 それからはたいへんな苦労がありました。アメリカ人とはプライベートで長くつき合っており、彼らは非常に気さくでいい人たちだと思っていましたので、仕事でもうまくいくだろうと、楽観的に考えていました。しかし、今までと違う人種の人間がオーナーになり、社長としてアメリカ人を使うことになると、これまで気にも留めていなかったような問題が起こってきたのです。

1960年代、アメリカ出張時の写真(左端が稲盛和夫氏)

極端な例では、話をしている中で、第二次世界大戦のことが問題になります。仕事をしていく上では、なあなあで済ませるわけにはいきませんから、技術や生産、販売の問題など、しっかり決めなければならないことがあります。

 そこで私が厳しく叱ったときに、沖縄戦で負傷したときの弾の痕がまだ残っている社員が、「戦勝国の白人が敗戦国の黄色人種に徹底的に叱られるなど、耐えられない。もう会社をやめてやる」と言ってきたこともあります。楽観的に考えていたことが人種問題にまで広がるとわかり、たいへんな苦労をしました。

 また、私の古くからの友人であるアメリカ人を工場に迎えて、幹部として工場の運営を任せていました。最初のうちは私に対する信頼や尊敬も少しはありましたので、うまくいくように見えましたが、しばらくすると、ことあるごとに意見の対立が生じました。

 私が何かを言うと、「そのやり方は日本では通用しますが、日本とアメリカは風土・気候・文化・教育などあらゆるものが違います。ですから、アメリカの方法で経営するべきです。あなたのように日本の方法を強制したのでは、アメリカではうまくいきません」というように、必ずと言っていいほど、日本式とアメリカ式に関する意見の対立がありました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


稲盛和夫

 
 


1932年、鹿児島県生まれ。鹿児島大学工学部卒業。59年、京都セラミック株式会社(現京セラ)を設立。社長、会長を経て、97年より名誉会長。84年に第二電電(現KDDI)を設立、会長に就任。2001年より最高顧問。10年に日本航空会長に就任し、代表取締役会長、名誉会長を経て、15年より名誉顧問。1984年に稲盛財団を設立し、「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった人々を顕彰している。また、若手経営者が集まる経営塾「盛和塾」の塾長として、後進の育成に心血を注ぐ。主な著書に『生き方』(サンマーク出版)、『アメーバ経営』(日本経済新聞出版社)、『ゼロからの挑戦』(PHP研究所)、『成功の要諦』(致知出版社)、『人生の王道』(日経BP社)、『ど真剣に生きる』(NHK出版)、『君の思いは必ず実現する』(財界研究所)、『働き方』(三笠書房)、『燃える闘魂』(毎日新聞社)などがある。

稲盛和夫オフィシャルサイトhttp://www.kyocera.co.jp/inamori/


稲盛和夫経営講演選集(公開版) 「経営の父」が40年前に語っていたこと

稲盛和夫が語った起業の「原点」とは――。京セラとKDDIという2つの世界的大企業を創業し、経営破たんしたJALを再建させた「経営の父」稲盛和夫氏。その経営哲学やマネジメント手法は世界中に信奉者を持つ。このたび、『稲盛和夫経営講演選集』(ダイヤモンド社)発刊を記念し、1976年に自らの起業時の経験を語った貴重な講演録を、全5回に分けて掲載します。

「稲盛和夫経営講演選集(公開版) 「経営の父」が40年前に語っていたこと」

⇒バックナンバー一覧