ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

稲盛和夫氏に聞く「経営の心、人生の心」(上)

ダイヤモンド ハーバード・ビジネス・レビュー編集部
2015年8月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
いなもり・かずお/1932年、鹿児島市に生まれる。1955年鹿児島大学工学部を卒業後、京都の碍子メーカーである松風工業に就職。1959年4月、京都セラミック(現京セラ)を設立し、社長、 会長を経て、1997年から名誉会長を務める。また1984年、電気通信事業の自由化に即応して、第二電電企画を設立し、会長に就任。2000年10月、DDI(第二電電)、KDD、IDOの合併によりKDDIを設立し、名誉会長に就任。2001年6月より最高顧問。2010年2月より、日本航空会長に就任。代表取締役会長を経て、2013年4月より名誉会長、2015年4月名誉顧問となる。 一方、1984年には稲盛財団を設立し、理事長に就任。同時に国際賞「京都賞」を創設し、毎年11月に人類社会の進歩発展に功績のあった方々を顕彰している。他にもボランティアで、全84塾(海外30塾)、9700人余の若い経営者が集まる経営塾「盛和塾」の塾長として、経営者の育成に取り組んでいる。
稲盛和夫オフィシャルホームページ/http://www.kyocera.co.jp/inamori/
Photo by Aiko Suzuki

1959年、27歳の時に京セラ、1984年に第二電電(現KDDI)を創業した稲盛和夫氏。さらには2010年に日本航空の経営再建を要請され、2年という短期間で見事にV字回復を果たした。「経営の神様」とも称される稲盛氏だが、その経営哲学はいかにもシンプルである。「人の心を大切にする」「人として正しい道を踏む」――。経営者として50有余年の歴史を刻んできた稲盛氏が経営の心、人生の心を語る。(聞き手/ダイヤモンド ハーバード・ビジネス・レビュー編集部)

「人の心」を大切にする経営

――これまで稲盛さんは人の心を重視した経営を貫いてこられました。それほどまでに人の心が大切と思われるようになったのはいつ頃からなのでしょうか。

 もう若い頃からです。私は27歳の時、私の持つ技術を理解する方々に資本金を出していただき、会社をつくりました。ただし、その私の技術も当時はまだ大したものではありませんでした。自分のお金もなく、大した技術は持たず、まさに徒手空拳で会社をスタートさせたのです。頼れるものはそこに集まってくれた二十数名の社員たちの心しかありませんでした。その人たちの心を頼りにして、力を合わせて何かをやっていこうと考えました。

 人の心は、はかなくて頼りないものです。でもひとたび素晴らしい心の結びつきができれば、これほど頼りになるものもありません。私はそのことを信じて、人の心と心の結びつきをベースに置いて経営を行ってきたのです。

 人間は心で思ったことを実行に移して生きています。その人がこれまで心に思い描いたものが、嘘偽りなくその人の現在の環境や置かれている立場をつくり、さらには人格や人柄を形成しています。ことほどさように、心の作用は大きいのです。その意味で、人の心を大事にすることは経営にとって最もエッセンシャルな部分だと思っています。

――人の心を大切にすることと合わせ、企業は社会の発展に貢献する必要があるということも昔からおっしゃっています。企業家として、まだ自分の事業が安定しない段階でそのような境地に至るのは、普通の人にはなかなかできないことのように思うのですが――。

 社会貢献をそんなに難しく考える必要はありません。大それたことを考えなくても、経営者は社員の雇用を守ることが大きな社会貢献になるのです。全国の中堅・中小企業の経営者の方々が集う盛和塾でも、社員を抱えてその人たちの生活を守っていくことだけでも、大変立派な社会貢献ですといつも言っています。日本の社会は中小零細企業が底辺を担っています。大企業の社員よりもはるかに数の多い、中小企業に勤める人たちの雇用を守ることは、日本の社会を支える立派な社会貢献なのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧