ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり子育ては体当たり。失敗してまた学べばいいのよ。
【第13回】 2015年9月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
久保田カヨ子 [脳科学おばあちゃん]

弱い者をいじめる子にすんな
――カヨ子ばあちゃんの
子育て日めくり13

1
nextpage

「脳科学おばあちゃん」として全国のお母さんから絶大なる信頼が寄せられている久保田カヨ子氏。ソニー創業者の井深大氏も絶賛した『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』も緊急重版(第3刷)が決まるなど、好調に推移している。

このたび、83歳になったカヨ子ばあちゃんが、自身初の『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり――子育ては体当たり。失敗してまた学べばいいのよ。』を出版。
はやくも楽天ブックスやアマゾンの「子育て」ジャンルでベストセラーになっているという。
どんな想いで出版に臨み、どんなことが『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』に載っているのか。
本連載では、読むだけでパパ・ママがホッとしながら、子どもの脳が活性化する「カヨ子ばあちゃん31の金言」を紹介。育児で孤軍奮闘するママ・パパを強力に応援したいと思う。
「脳科学おばあちゃん」にその想いを余すところなく語ってもらった。

弱い者いじめをする子
にしない子育て

久保田カヨ子
(Kayoko Kubota) 1932年、大阪生まれ。脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。長男が一級建築士、次男が東京大学に合格。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた“0歳から働きかける”クボタメソッドを確立。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。 『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『赤ちゃん教育――頭のいい子は歩くまでに決まる』(以上、ダイヤモンド社)などベストセラー多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。
【脳研工房HP】http://umanma.co.jp/

 キャベツ畑からチョウを虫かごいっぱいに入れて帰ってきた長男に、「お願い。今日はお彼岸だから、そんな殺生はしないで」と、隣のおばさんが逃がしてくれと頼んでいました。

 やっと納得した息子はチョウを逃がそうと虫かごの口を開けましたが、ぎっしり詰まったチョウは飛び出すことができません。

 息子は人指し指を突っ込んで無理矢理ほじくり出すので、大部分は死んでしまいました。逃がすのは惜しいという思いがしても、殺したことにはなにも感じていないようです。

 他にも、小さなバケツにおたまじゃくしを入れたままにして翌朝全部死なせたのをポイと捨てたり、アリの行列を端から踏みつぶしたり、息子は私がだまって見ていられないことをよくしました。

 その都度、すぐ文句を言いたいのを、私も小さいときやったと思ってためらい、この残忍さにつながる行為をどのように解釈して、息子に対応すべきか迷ったものです。

 思いやりのある子に育ってほしいという願いとは裏腹に、息子の性格のなかに残忍なものがひそむのではないかと心配したこともありましたが、その行為のあとの親の態度や応じ方をどうすべきか、見ていて気分のよくないのを頭ごなしに叱らず、「私はイヤ」「次はしないで」と一度は許すことで目をつぶりました。

 乳児のころ、よく母親の目や鼻の穴ヘ指を入れようとして、母親がイヤがってもなかなか止めようとしないことがあります。

 これらの行為が、単純ないじわるに移行していくのならいいのですが、残忍な行為に移らないよう、無力なものへの心ない行いを叱り、弱い者をいじめる子にはしたくないものです。

 私はまず3歳くらいまでは、「かわいそうだね。ママはイヤだなぁ」と軽く非難するだけにとどめました。

次のページ>> 犬を飼うことのススメ
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


久保田カヨ子 [脳科学おばあちゃん]

 

1932年、大阪生まれ。脳科学の権威である京都大学名誉教授・久保田競氏の妻で2人の息子の母。約30年前に、日本における伝統的な母子相伝の育児法を見直しながら、自身がアメリカ在住時と日本で実践してきた出産・育児経験をもとに、夫・競氏の脳科学理論に裏づけされた、“0歳から働きかける”久保田式育児法〈クボタメソッド〉を確立。この20年で3000人以上の赤ちゃんの脳を活性化させてきた。テレビなどで「脳科学おばあちゃん」として有名。2008年、株式会社『脳研工房』を立ち上げ、現在代表取締役。著書に、累計25万部突破のシリーズ『カヨ子ばあちゃん73の言葉』『カヨ子ばあちゃんの男の子の育て方』『カヨ子ばあちゃんのうちの子さえ賢ければいいんです。』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』『赤ちゃん教育──頭のいい子は歩くまでに決まる』『カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり』など多数。ズバッとした物言いのなかに、温かく頼りがいのあるアドバイスが好評。全国からの講演依頼もあとをたたない。

【脳研工房ホームページ】
http://www.umanma.co.jp/

 


カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり子育ては体当たり。失敗してまた学べばいいのよ。

累計25万部突破! 「カヨ子ばあちゃんシリーズ」著者で、83歳になった育児界のカリスマ・久保田カヨ子氏初の「子育て日めくり」がついに登場!
【83歳になったカヨ子ばあちゃんからのメッセージ】
ああ言いすぎちゃったな、悪かったな、と自己嫌悪に陥ったとき、ダンナが役立たずで愛想を尽かしたとき、とことん落ち込んだとき、とにかくホッとしたいとき、「子育て日めくり」をパラパラめくってみてください。 きっと、元気と笑顔がよみがえってくるでしょう。育児は育児書どおりうまくいかないもの。でも、お母さんの努力は必ず実を結びます。子どもに体当たりして、失敗して、また学べばいんです。あなたの育児のやり方でいいんですよ。だって、誰の子でもない、あなたの子じゃないですか!

「カヨ子ばあちゃんの子育て日めくり子育ては体当たり。失敗してまた学べばいいのよ。」

⇒バックナンバー一覧