ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
就職できない若者の「トンデモ言動」

売り手市場でも就職が決まらない大学生の特徴

櫻井樹吏 [キャリアコンサルタント]
【第42回】 2015年10月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
今年は売り手市場にもかかわらず、まだ内定のない学生も…

 世間では売り手市場と呼ばれる今年の新卒採用。相次ぐ内定辞退や採用予定数に達しないとの理由から、内定式を延期したり、今後も募集活動を続ける企業も多いと報道されています。それにもかかわらず、全く就職が決まらないという学生も一定数存在しています。

 もちろん就職支援者としての立場から言うと、そんな彼らは大切なお客様ということにもなるのですが、自分の身内や周囲にそうして就職が決まらない人がいるのは寂しいものです。

 そこで今回は、そんな人を一人でも少なくしたいという思いから、売り手市場でも就職が決まらない人にはどんな事情があるのか、大きく3つに分けて整理してみます。

そもそも就職活動を全く行っていない

 リクルートキャリアの「就職みらい研究所データ」が発表した『就職内定状況(2016 年卒)【速報版】(2015年10月1日時点)』によると、就職内定未取得者における就職活動実施率は80.6%となっています。つまり、そもそも就職活動自体を行っていない人が約20%も存在しているのです。

 ニュースなどで「売り手市場」だと言われているせいか安心して活動が遅れている場合や、企業自体にこだわりが少なく(また情報収集をあまりしておらず)、これから就職活動を始めようとする場合などもこれに含まれます。あるいは完全に動き出しが遅れてしまい、「今さら何をしたらいいか分からない」状態で全く就職活動を行っていない場合もあります。

 実際に全国各地で行われている就職支援では、参加資格に既卒数年以内といった条件が提示される事が多く、また実際には大学等への在学時に真剣に就職活動をやってこなかったという方の参加も決して少なくありません。

 こうした学生の特徴としては、ただ単に「面倒だった」や「働きたくなかった」という思いで、就職活動を避けていただけで、いわゆる能力が低いというわけではありません。ですから、就職支援をすると、比較的スムーズに就職できることが多いと言えます。やればできるのにやって来なかったというパターンです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

櫻井樹吏 [キャリアコンサルタント]

1980年生まれ。大手通信会社の人事部、総合人材サービス会社の若者専門コンサルタントを経て独立。
2010年から500名を超える若者を支援し、年間のカウンセリング数は1200回を超える。 独立後は若年者、主婦の再就職、雇用支援機構や公共事業の講師・コンサルタントを中心に活動中。ホームページ:http://www.sakuraichirin.tokyo


就職できない若者の「トンデモ言動」

一部の若者が大量の内定をもらう一方で、ある一定数の若者は1社も内定をもらえない――。そんな現実が今の就職市場にあります。そんな就職難の実態を景況感のせいにしてしまいがちですが、実は内定をもらえない若者には特徴があります。それは、彼らが「トンデモない言動」をすることです。この連載では、3年間で450人ほどの就職できない若者を支援してきたキャリアコンサルタントの櫻井樹吏さんが、彼らのトンデモ言動の中身と、そんな彼らがどう就職していったのかをお伝えします。

「就職できない若者の「トンデモ言動」」

⇒バックナンバー一覧