ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
就職できない若者の「トンデモ言動」

一部の若者が大量の内定をもらう一方で、ある一定数の若者は1社も内定をもらえない――。そんな現実が今の就職市場にあります。そんな就職難の実態を景況感のせいにしてしまいがちですが、実は内定をもらえない若者には特徴があります。それは、彼らが「トンデモない言動」をすることです。この連載では、3年間で450人ほどの就職できない若者を支援してきたキャリアコンサルタントの櫻井樹吏さんが、彼らのトンデモ言動の中身と、そんな彼らがどう就職していったのかをお伝えします。

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「就職できない若者の「トンデモ言動」」の全記事一覧
  • 第69回 「孫の内定を取り消して!」祖母がトンデモ発言した理由 

    [2016年11月30日]
    「孫の内定を取り消して!」――就職支援活動をしていると、家族からこんな相談を受けることも少なくありません。今回は、祖母による孫(=女性)の内定取消騒動を取り上げます。女性はその後内定先に就職したのか、それとも辞退したのでしょうか?

  • 第68回 第2新卒は「実践型」の職場体験が内定への近道だ 

    [2016年11月16日]
    「31.9%」――。厚生労働省が今年10月に発表した社会人3年以内に離職する割合です。特に20代半ばは第二新卒の採用チャンスを狙って就職活動をしている人も少なくないでしょう。そこで、今回は就活の進め方についてお伝えします。

  • 第67回 就活生に親が言ってはいけない「NGワード」 

    [2016年11月02日]
    就活生は内定を勝ち取ろうと不安の中で、日々奮闘しています。にもかかわらず、親の何気ない一言によって就職へのやる気をなくす子どもも少なくありません。今回は、就活中の子どもに対して親がどんな言葉をかけることがタブーなのかについてお伝えします。

  • 第66回 ブラック企業退職後、再就職できない若者の思考回路 

    [2016年10月19日]
    ブラック企業で働いた経験のある若者にとって、転職活動をしてもなかなか再就職できない人が少なくない。なぜ、再就職できないのか。就職支援の場から感じた本当の理由をお伝えする。

  • 第65回 「意識高い系新入社員」で飛躍する人、ただ嫌われる人 

    [2016年10月05日]
    あなたの会社に「意識高い系の新入社員」はいませんか?もちろん新人社員の意識が高いのは素晴らしいことですが、発言の要点が明らかにずれていたり、指摘を受けても全く改善しないとなると、組織の中で浮いた存在になってしまいます。

  • 第64回 契約社員から正社員になった途端、トンデモ化する人の特徴 

    [2016年09月21日]
    昨今、非正規採用が増えていますが、契約社員募集時の求人情報で目につくのが「正社員登用制度」です。ところが、実際に正社員登用に踏み切ると、契約社員の間は良く働いていたにもかかわらず、正社員になると思うように成果を出せない人がいます。

  • 第63回 研修で優秀な新入社員が、現場に来ると使えないワケ 

    [2016年09月07日]
    新入社員が入社する企業の多くで、新人研修が実施されています。様々な新人研修を行うことで、新人がたくましく育つ反面、研修後に配属された現場から「今年の新人は最低限の仕事もできない!」などクレームが寄せられるケースもあります。

  • 第62回 なぜイマドキの新入社員は雑談が苦手なのか 

    [2016年08月24日]
    最近の新入社員の7割が「雑談力に自信がない」のをご存じでしょうか。グノシーの調査で「雑談力があまりない」と答えた新入社員は48.0%、また21.5%は「全くない」と回答。さらに43.0%が「上司とは雑談をしない」と回答したのです。

  • 第61回 なぜイマドキ新入社員は定時で即帰ってしまうのか 

    [2016年08月10日]
    今年の新入社員もそろそろ職場に慣れてきた頃でしょうか。しかし、現場のマネジャーや先輩社員からは、「新入社員が定時になると即帰る、アイツはだめだ」という声が聞こえてきます。なぜ社員は定時になるとすぐ帰ってしまうのでしょうか。

  • 第60回 ドラゴンボールのネクタイで初出社!?
    新入社員のトンデモ服装問題 

    [2016年07月27日]
    数年前、「ちょいダサ」と称したスーツに白い靴下がオシャレと言われることがありました。しかし基本的に、スーツには黒色か紺色が一般的です。このように、新入社員のなかには、トンデモ服装で会社に現れる人も少なくありません。

  • 第59回 新入社員が電話を取れない意外な理由 

    [2016年07月13日]
    新入社員研修や就職支援をしていると分かりますが、驚くほど電話対応が苦手な若者が増えています。それも電話対応自体が苦手というだけでなく、電話に出ること自体が苦手という声も聞きます。一体、何が原因で苦手意識が生まれたのでしょうか。

  • 第58回 ゆとり新入社員が突然会社を辞めたくなる理由 

    [2016年06月29日]
    「新入社員が1週間で来なくなった」そんなケース、あなたの周りにないでしょうか。費用や時間をかけて採用した人材に、すぐに退職されてしまったら元も子もありません。では、突然辞めてしまう社員にはどういった特徴があるのでしょうか。

  • 第57回 内定ゼロなのに最終面接前に辞退する学生の心理 

    [2016年06月15日]
    今年は6月6日時点で内定率54.9%と好調に推移しています。しかし、複数内定を持って落ち込む学生や最終選考を目前に辞退するという学生もいます。一見すると大人には理解できない“意味不明な行動”をとる学生の思考回路とは?

  • 第56回 学生を採れる中小企業は、説明会ブースにいる社員が若い 

    [2016年06月01日]
    6月1日を迎え、大手企業の新卒採用の選考が解禁になりました。この選考前倒しは、中小企業にとっては好機という声もあります。しかし、それを好機にできるかどうかは、中小企業の「広報」の仕方によって、大きく左右されるようです。

  • 第55回 トップ内定者と一般就活生、4つの決定的違い 

    [2016年05月18日]
    トップ内定者と呼ばれる就活生がいます。就職活動において難関企業の内定を数多く獲得する学生の事です。もちろん全戦全勝というわけではありません。しかし、志望群の企業内定を複数勝ち取っている点が特徴です。彼らにはある共通点が存在します。

  • 第54回 学歴フィルターを自分にかける草食就活生の哀しい習性 

    [2016年04月20日]
    皆さんは自分自身の「学歴」が気になりますか。企業によりけりですが、確かに面接の場で応募者リストを拝見する際、所属する大学名が異常に偏っていると感じるケースは散見されます。しかし、学歴にこだわっているのは企業だけでしょうか。

  • 第53回 内定多数の就活エリートがトンデモ社員化する典型例 

    [2016年04月06日]
    4月に入り、多くの企業で新入社員を迎えました。今年はどんな新人が配属されてくるのか、現場の期待は様々だと思います。そんな中で今回は、優秀なはずの新入社員がトンデモ社員になってしまう例を見ていきましょう。

  • 第52回 グループディスカッションを一人で仕切る就活生は落ちる 

    [2016年03月23日]
    「グループディスカッション(GD)では、リーダーしか評価されませんか?」就職支援をしていると毎年のように受ける相談の一つです。果たしてこの都市伝説は本当なのか。トンデモな事例を通して、今のGDや就活生の実態をご紹介しましょう。

  • 第51回 今年の就活は短期決戦化で内定辞退が増加する!? 

    [2016年03月09日]
    3月1日0時。2017年卒学生に向けた企業説明会解禁とともに、就職サイトのサーバーがダウンする現象が起きました。2017卒の就活・採用活動は、再び大きなスケジュール変更を伴うため、その行方が心配されています。果たして、どうなるのでしょうか。

  • 第50回 エントリーシートは添削してもらうほど落ちやすい? 

    [2016年02月24日]
    就職活動時、応募書類を就活課の職員や就職支援企業のコンサルタントやOB・OGやリクルーター、はては家族や友人など、様々な方に応募書類の添削を頼む学生は少なくありません。しかし、複数人に見てもらうことは必ずしもいいことではないようです。

1
nextpage

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事