ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「捨てない未来」はこのビジネスから生まれる
【第4回】 2015年11月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
岩元美智彦 [日本環境設計 代表取締役社長]

イオンとセブン&アイ。小売業界の2強を巻き込む
「ありえないアライアンス」はなぜ成立したのか?

1
nextpage
セカンドストリートRE:エネルギーキャンペーンのポスター <拡大画像表示>

2015年10月21日、お台場を走ったデロリアンの燃料は、全国1450ヵ所もの回収拠点から集められた「着なくなった服」だった。では、なぜ小さなベンチャーが、150もの企業・団体を巻き込み、回収インフラを構築することができたのか?
「小売店の店頭を回収拠点にする」――バイオエタノールの原料になる「服」を回収するビジネスモデルを構築した岩元氏は、2012年、さらに規模を拡大するために驚くべきアイデアを実行に移す。著書『「捨てない未来」はこのビジネスから生まれる』から、「ありえないアライアンス」がいかにして成り立ったのか、見ていこう。

イオンとセブンが同じ企画で肩を並べた日

 「小売業界の2強にがっちり握手をしてもらえれば……」

 2012年も暮れようとしている頃、私の頭の中はあることでいっぱいでした。リサイクルの回収拠点となるボックスを小売店の店頭に置いてもらう――そのアイデアの実現のためには、当たり前ですがたくさんの小売店を巻き込む必要があります。

 では、どうすれば、日本全国にある小売店を巻き込んでいけるのか。私が出した答えは、シンプルで、そして「ありえない」ものでした。

 小売業界の2強を、同時に味方につける。

 書いてしまえばわずか20字足らずの戦略ですが、当時は誰に言っても「できるはずがない」と言われました。その理由は、「2強」の名を見ていただければわかると思います。

 1つは、2015年時点で売上高が年間7兆円超、営業利益が1400億円超のイオン

 もう1つは、同じく売上高が年間6兆円超、営業利益が3400億円超のセブン&アイ・ホールディングス(以下セブン&アイ)。

 そうです。どちらも、創業数年の小さなベンチャーが巻き込むには巨大すぎる相手なのです。それでも私は、この2社に同時に参加してもらうことで潮目が変わるはずだ、そう思ってセブン&アイのある四ッ谷駅と、イオンのある海浜幕張駅を何度も何度も往復しました。

 小売業界の2強にがっちり握手をしてもらう――それが叶ったのは、交渉・調整を始めてから半年以上が経った2013年初めのことでした。

「横串を刺す」
――小さいベンチャーだからこそできた立ち回り

 イオンとセブン&アイの同時参加を成功させた要因は何だったのか――。

 私には、両社の内部でどういう協議が行われたかを知るよしもなく、確たることはわかりませんが、いくつか思い当たることはあります。

ポイントは、業界の垣根を越え、コンシューマービジネス全体で横串を刺してリサイクルを回す発想です。

 消費者目線で考えると自明のことですが、「お近くのお店どこでも回収しています」という状態をつくってあげたほうが利便性は高くなります。「セブンでもイオンでも回収しているんだ」「どのお店でもルールは同じなんだ」という認識が広まれば、リサイクルにまつわる煩雑さは減少していきます。

 この社会にいる人みんなに使ってもらえる「インフラ」を目指す私たちとしても、目指すべき方向性としては正しいと言えるでしょう。

 だからこそ、1つの業界にとどまるよりも、幅広い業界からものを集めたほうがいい。なぜなら消費者もそれを望んでいるから――。これは発想としては単純ですが、日々、業界内の競争を意識している単体の企業からはまず出てこない考え方です。社員個人が頭の中で、そういうことを思いついたとしても、企業のオフィシャルな意思決定の場でまともに議論されるとは到底思えません。私自身、会社員時代はまさにそうした反応にもどかしさを感じていた1人です。

 それができたのは、日本環境設計が業界の外側の独立したポジションにいるからです。社会全体でリサイクルインフラをどうつくるかを考えているから、業界の垣根を飛び越える発想が出てきますし、それを実際に行動に移すことができます。そもそも、「業界内のライバルと一緒にこの企画をやりましょう」などと平気な顔して提案できるのは、やはり当社が業界の外側にいるからにほかなりません。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


岩元美智彦 [日本環境設計 代表取締役社長]

 

964年鹿児島県生まれ。1985年、大学生だった21歳のとき『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を観て、ごみを燃料にして動く車型タイムマシン「デロリアン」に衝撃を受け、「未来にはごみが資源になる。実現するのは日本のテクノロジーだ」と確信する。
大学卒業後、繊維商社にて営業職としてキャリアをスタート。取引の傍らで廃棄される製品のリサイクルが日本の課題であると感じ、企業での再生繊維の開発・普及・啓発に5年間、繊維製品のリサイクルのビジネスモデル構築に7年間携わる。その経験から、資源が循環する社会を実現するためには、テクノロジーだけではなく誰にでもわかりやすく参加しやすい「消費者参加型」のしくみが必要であることに気づく。


2007年1月、髙尾正樹とともに「日本環境設計株式会社」を設立。2008年、綿繊維からバイオエタノールをつくる技術開発に成功。また2010年、衣料、繊維製品をリサイクルしたい消費者と企業を結ぶ「FUKU-FUKUプロジェクト」を開始。さらに2012年には、環境省と連携してプラスチック製品の回収実証実験である「PLA-PLUSプロジェクト」を開始。2015年現在、150の企業・団体が参加する一大インフラとなっている。
2015年、消費者から集めた衣料品などでつくった燃料で、デロリアンを走らせるプロジェクトを開始。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で主人公がたどり着いた未来の日付である10月21日、都内でデロリアンを走らせることに成功し、ついに30年越しの夢を叶えた。
トーマツベンチャーサポート・野村證券主催「年末特大版Morning Pitch」最優秀賞受賞(2014年)。


「捨てない未来」はこのビジネスから生まれる

イオン、セブン&アイ、良品計画、スターバックス、パタゴニア――
世界中の企業が次々と参入する
プラットフォームをつくった「小さな会社」をつくったのは、
知識も金も伝手もない42歳の元営業マンだった!?

〈技術〉と〈しくみ〉と〈ブランディング〉で
「リサイクルのグーグル」を実現した遅咲きの起業家が、
その驚きのビジネスモデルの全貌を語る。
 

「「捨てない未来」はこのビジネスから生まれる」

⇒バックナンバー一覧