ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

GMS大閉鎖時代でも閉店しないイオンの言い分

週刊ダイヤモンド編集部
2015年10月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
イオンがGMS改革の一環として進める「イオンスタイル」の売り場。今後、約50店をこの形態に改装する Photo by Hiroyuki Oya

 「GMS(総合スーパー)の閉鎖は基本的に考えていない。全てピカピカの店へとつくり替えていく」

 10月7日、イオンの2015年度上半期決算説明会。GMS事業の中核を担うイオンリテールの岡崎双一社長は、店舗閉鎖を決めた競合と一線を画す姿勢を強調した。

 流通大手の上半期決算は、GMSの苦境を鮮明に示すものだった。

 例えば最大手のセブン&アイ・ホールディングスは、絶好調のコンビニエンスストア事業のおかげで過去最高益を記録。しかし、GMS事業を担うイトーヨーカ堂は90億円の赤字となり、中間決算では5年ぶりの赤字へと転落した。

 ファミリーマートとの経営統合を控えたユニーグループ・ホールディングスは、GMS事業で24億円の黒字を確保したが、前年同期と比べ12億円もの減益となった。

 こうした状況を受け、両社共に店舗閉鎖の方針を打ち出す。セブンは収益改善できない40店程度の閉鎖を、ユニーも最大約50店の閉鎖を検討している。

 イオンも決して例外ではなく、営業利益こそ前年同期比約6割増の722億円と回復したが、本業のGMS事業は87億円の営業赤字。赤字幅が前年同期から43億円も拡大したにもかかわらず、店舗閉鎖はしない方針なのだ。

次のページ>> 改装で回復というが
1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧