HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

「カルシウムで骨折予防」に疑問
骨密度はわずかに上昇

井手ゆきえ [医学ライター],-週刊ダイヤモンド編集部-
【第268回】
食生活で自衛するには、カルシウム1成分によらずに、たん白質、マグネシウム、亜鉛、カロテノイドをしっかり摂ること

 高齢者の骨折予防にカルシウムの摂取を勧める情報は多い。ただし、専門家の間では効果を疑問視する声も少なくない。

 先日、食事、サプリメント(以下、サプリ)を問わず、カルシウム摂取と骨折予防に関する複数の研究(被験者の対象は50歳以上の男女)を総合的に解析した報告が医学誌「BMJ」オンライン版に掲載された。

 その結果、解析対象の研究・調査のほとんどで、食事由来(牛乳や乳製品を含む)のカルシウムと骨折との関連はない、とされたことが判明。

 一方、カルシウムサプリ(カルシウムの作用をサポートするビタミンD含有サプリを含む)の有用性に関しては、サプリの摂取により、全骨折リスクが11%低下、背骨の圧迫骨折など「椎体骨折」リスクは14%の低下が認められた。しかし、骨折した場合に人工骨頭置換術の対象になる脚の付け根付近の「大腿骨近位部骨折」と「前腕骨折」のリスクについては、有意な低下は示されなかった。

 また、最も厳密な4試験に絞って解析したところ、サプリと骨折リスクとの関連は認められないという結果だった。

 研究者はさらに、サプリを摂取した群では便秘などの消化器症状や尿路結石のリスクがあると指摘。サプリ摂取により、心筋梗塞などの心疾患リスクが上昇することも踏まえ「サプリの利益はわずかで、害が上回る」としている。

 一方、骨密度に関しては、わずかながらメリットがあることが示された。とはいえ、食事由来のカルシウムで0.6~1.0%、サプリ摂取では0.7~1.8%骨密度が増加したにすぎない。この程度の改善では、骨折予防は難しい、ということだろう。

 高齢者の骨折予防には、誘因となる骨粗しょう症を治療する薬剤が有用だ。ただ、心血管疾患や脳血管疾患の予防が優先されるため、骨折予防は後回しになりがち。

 食生活で自衛するには、カルシウム1成分によらずに、たん白質、マグネシウム、亜鉛、カロテノイドをしっかり摂ること。何のことはない、肉、魚、卵、野菜をバランスよく、である。

(取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

関連記事
このページの上へ

井手ゆきえ [医学ライター]

医学ライター。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。

 

週刊ダイヤモンド編集部


専門医の監修を得て、あなたの症状に潜む病気の可能性を検証。カラダのアラームをキャッチせよ。


カラダご医見番

ハードワークのストレスに加え、飲酒や脂っこい食事。ビジネスマンの生活習慣は健康面からは実にハイリスクです。痛い・苦しい・痩せた・太った・イライラする…。そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。

「カラダご医見番」

⇒バックナンバー一覧