ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
男のアンチエイジングと「食」

40代、50代から気をつけたい
関節・骨・筋肉の老化と食

久保 明 [東海大学医学部 抗加齢ドック教授/慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授]
【第11回】 2014年10月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

要介護原因の4位、5位が
骨折・転倒、関節疾患

 若さを保つのに欠かせないのが、骨と関節、筋肉です。前回のテーマ、運動を行うにはこれらが十分に機能しなくてはなりません。またこれらが衰えるとたちまち日頃の動作に「老化」として表れてしまいます。立ちあがる時、思わず「どっこいしょ」と掛け声をかけたり、歩く動作に力強さがなくなったり、姿勢がゆるんで加齢の影響が表れます。

 スポーツを楽しむならなおさら骨と関節、筋肉の衰えはプレーに関係します。ゴルフの飛距離が落ちる、草野球で打球が飛ばなくなる、テニスで球を追いかけて転ぶ。ああトシか、などと嘆きたくなりますね。

 まだ先の話かもしれませんが、要介護の原因を調べた厚生労働省の国民生活基礎調査(2013年、10万名対象)によると、原因の1位が脳卒中(18%)、2位が認知症(16%)、3位が高齢による衰弱(13%)、4位が骨折・転倒(12%)、5位が関節疾患(11%)、以下心疾患、パーキンソン病、糖尿病、呼吸器疾患、脊髄損傷、その他原因となっています。4位、5位は関節、骨の大幅な衰えに起因します。

 関節の不具合で多いのが変形性膝関節症です。初期では朝歩き始めて膝に違和感を覚えたり、軽い痛みを感じたりする程度、しばらくすると消えてしまったりします。進行すると正座やしゃがむ姿勢、階段の上り降りの際に痛みを感じるようになってきます。

 さらには膝に炎症が起こって腫れたり、熱を持ったり、水がたまったりという症状が出てくるのです。膝の関節部分の軟骨がすり減り、炎症や骨の変形が起き、骨がぶつかり合ったりするのが、変形性膝関節症なのですが、さらに症状が進むと杖なしには歩くことができなくなります。

 自覚のある患者数は約1000万人、潜在患者を含めれば3000万人と推定されます。50代以降から急増し、患者は女性が多いですが、男性も無縁ではありません。症状が出たら早めに専門医にかかるのが肝心。サプリメント、薬物療法、温熱・冷却療法や運動療法を受けることになりますが、場合によっては手術もあります。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

久保 明 [東海大学医学部 抗加齢ドック教授/慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任教授]

1979年慶應義塾大学医学部卒業。1988年米国ワシントン州立大学医学部動脈硬化研究部門に留学。「高輪メディカルクリニック」を設立し16年間院長を務め、現在は東海大学医学部付属東京病院、医療法人社団湖聖会銀座病院、医療法人社団健育会石川記念病院で診療を行う。人の老化度を測る「健康寿命ドック」を開発し、その結果に基いたソリューション(運動や栄養指導)を実践。生活習慣病の診療と予防医療・アンチエイジング医学の確立に注力。サプリメントやスポーツ医学の世界最先端の情報と実践を駆使した講演や企業のアドバイザーとしても活動している。


男のアンチエイジングと「食」

「アンチエイジング」というと女性特有のテーマに思われがちだが、男性もいつまでも若々しく元気なほうが魅力的。実際、「見た目が若く見える人の方が老けて見える人より長生きする」という研究もあるほどで、老化を考えることは、健康そのものを考えることに直結する。そこでこの連載では、「いつまでも若々しくいたい」「いつまでも元気でいたい」「何歳になっても女性にモテたい」と願う男性に向けて、男性目線のアンチエイジングと、それを支える食について考える。

「男のアンチエイジングと「食」」

⇒バックナンバー一覧