HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

目の老化には赤と緑と橙色
加齢黄斑変性を予防しよう

井手ゆきえ [医学ライター],-週刊ダイヤモンド編集部-
【第270回】

 加齢黄斑変性(AMD)とは、網膜の中心部にある「黄斑」が加齢によって障害される眼疾患を指す。

 網膜は視覚的な光情報を電子情報に変換する組織。デジタルカメラでいえば「イメージセンサー」に当たる。黄斑はそのなかでも高精細・高感度の組織で、黄斑が損なわれると視力全体に影響を及ぼす。実際、国内の失明要因の第4位はAMDで、3:1の割合で男性に多く、50歳以上の約1%が同疾患を患っているという。

 眼の加齢を遅らせる手段としては、紫外線を避ける、眼を酷使しない、などの手段が思いつく。もう一つ、米国医師会雑誌「JAMA」の眼科学版に掲載された報告によると、カロテノイドが良いようだ。米ハーバード大学公衆衛生学部の研究から。

 研究者らは、米国在住の医療従事者を対象とした1986~2010年の健康調査データを使用。50歳以上の男性3万8603人、女性6万3443人のデータから、食事とAMDとの関連を調べた。試験期間中、約2.5%が中等度~重度のAMDを発症した。

 食事とAMD発症リスクの関連を調べたところ、ルテインとゼアキサンチンというカロテノイドを最も多く摂取していた集団は、最も少ない摂取集団より、重度のAMDリスクが40%低いことが判明した。ただし、中等度AMDリスクとの関連は認められなかった。

 研究者は「カロテノイドを豊富に含む野菜や果物の摂取を増やすことで、進行性AMDを減らせるかもしれない」と考察している。

 ルテインとゼアキサンチンは色の濃い野菜に含まれる抗酸化成分。ニンジンの赤、ホウレンソウやブロッコリーの濃い緑、カボチャやパプリカの橙色が含有の印だ。

 冬が旬のホウレンソウの場合、これから出回る「寒締めホウレンソウ」のルテイン含有量は、100グラム当たり11~12ミリグラムと、ぐんと高くなる(通常は品種にもよるが7ミリグラム前後)。ルテイン以外に「眼に良い」とされるβカロテンの含有量も増えるので一石二鳥だ。

 ルテインは加熱に強く、油脂と一緒に食べると吸収率が良くなる。シンプルな野菜炒めでどうぞ。

(取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

関連記事
このページの上へ

井手ゆきえ [医学ライター]

医学ライター。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。

 

週刊ダイヤモンド編集部


専門医の監修を得て、あなたの症状に潜む病気の可能性を検証。カラダのアラームをキャッチせよ。


カラダご医見番

ハードワークのストレスに加え、飲酒や脂っこい食事。ビジネスマンの生活習慣は健康面からは実にハイリスクです。痛い・苦しい・痩せた・太った・イライラする…。そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。

「カラダご医見番」

⇒バックナンバー一覧