ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

日本のソブリン・リスクに備える運用

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第130回】 2010年5月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日本の財政破綻が「絶対ない」とはいえまい(じつは、どこの国でもそうだと思うが)。今回は、財政が将来破綻に近い状況に陥ることが十分あるという前提で、個人の資産運用を考える。

 週刊ダイヤモンドの5月22日号に掲載された野口悠紀雄教授「『超』整理日記」の「ギリシャと日本の赤字 インフレ税と共通通貨」では、国家がインフレによって過去の債務残高を実質的に帳消しにするケースが説明されていた。特に高齢の小金持ちにとっては、恐ろしい話だった。ここで例に挙げられた敗戦直後のインフレのような状況になると、国債の保有者はもちろん、預金も含めて、金融資産のかたちで財産を持っていた人は、その大半をリセットされてしまう。

 相対的には、野口教授のご指摘のように金融資産よりも不動産のような実物資産がいいが、田や畑のような生産手段を持っているとさらにいいだろう。生産手段という意味では、これから十分働くことができる若さとスキル、つまり豊かな「人的資本」を持っている人は、将来稼ぐことができるから割合安心だ。たとえば、為替レートの調整がインフレ率に遅れて、実質成長率がマイナスになり、雇用が減る場合もあるだろうから万全とはいえないが、基本的に若者はインフレを怖がる必要はない。

 若者なら外国語や職業スキルの習得に対する投資(おカネも時間も)を行うべきだ。人的資本への投資こそが最強の投資だ。野口教授もほめてくださるだろう。高齢者なら健康に投資して将来働いて稼げる年限を延ばすことは有効な投資だ。いずれも、日本の財政破綻に対する備えになるはずだ。

 財政赤字についてネットで議論していたら、「岩石理論」なる言葉に出合った。財政赤字があるレベルを超えたところで、岩石が坂を転げ落ちるように制御不能になるという心配を指すらしい。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧