ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
戦略読書
【第6回】 2015年12月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
三谷宏治 [K.I.T.虎ノ門大学院主任教授]

新しい視点や言葉を与えてくれる
ベストセラーやリベラルアーツ本の
戦略的「斜め読み」

1
nextpage

新しいテーマを切り拓き、新奇な知識や視点を与えてくれるベストセラー作品。自分にとって新しい言葉や思考法を与えてくれるリベラルアーツ本。直接仕事につながらないように思える本はどのように読むのが効果的か? 新刊『戦略読書』から一部を抜粋して紹介する連載第6回は、「非ビジネス新奇」ジャンルの読み方について。

セグメント4「非ビジネス新奇」
ヒット本、リベラルアーツ本、斜め読みのススメ

 これまで、「読書ポートフォリオ・マトリクス(RPM)」(詳しくは第2回参照)の「ビジネス基礎」「ビジネス応用」「非ビジネス基礎」の読み方を紹介してきましたが、最後は右上のセグメント4「非ビジネス新奇」の効果的な読み方について解説します。

〔出所:『戦略読書』三谷宏治〕

 「新奇」セグメントとは、「ヒット本」か「リベラルアーツ」です。「ヒット本」でも、特に後追いではない新しいテーマやジャンルを切り拓いたヒット作は、世の中にとって新奇な知識や視点を与えてくれます。今まで学んだことのない「リベラルアーツ」は、自分にとって新しい言葉や思考法を与えてくれます。

 それらが「新奇」本を読む目的です。では、その目的を達するためには、どんな読み方がいいのでしょうか。

 どちらも、粗読みはムリです。定義により「基礎」がないので、決め打ちできる問題意識やキーワードを持っていません。なので、基本は斜め読みです。とりあえずの通読を目指しましょう。そして何かが心に刺さったら、そこの部分から熟読を試みます。

『ブラックペアン1988』海堂尊(講談社文庫)2012年

 海堂尊『チーム・バチスタの栄光』で医療ミステリーに触れた私は、とりあえずは『ナイチンゲールの沈黙』『ジェネラル・ルージュの凱旋』『ブラックペアン1988』などと読み進め、西丸與一『続 法医学教室の午後』まで辿りつきました。医師・病院・医学部・患者・警察・行政……。

 藤原和博・宮台真司『人生の教科書 [よのなかのルール]』で、この世のルールに触れたなら、宮台真司『私たちはどこから来て、どこへ行くのか』に挑戦しても良いかもしれません。稀代の思想家が何を考え、この難しき現代にどういう処方箋を描いているのかがわかります。

 でも何も刺さらなかったら? 本棚に記念として飾っておくか、売りに出すかしましょう。そしてその悲しみを乗り越えて、次に進むのです。運が悪かったな、と。

雑談ネタ本として読んだ『失敗の本質』から学んだこと──戦争とは

 1984年に『失敗の本質』が出版されました。旧日本軍の第二次世界大戦における「失敗」の研究書です。私が読んだのは文庫化された後、91年頃で人より早かったわけでもなく、しかも動機は「クライアント役員との雑談用」でした。

『失敗の本質』野中郁次郎他(中公文庫)1991年

 当時、ビジネス誌にもよく「戦記」や「戦争論」「軍人論」が載っていました。年配のビジネスマンに、そういうネタが受けたからでしょう。でも私は、何より根性論が嫌いなので、ちょっと敬遠していました。「昔はよかった」みたいな昔話にもまったく興味がなかったので。

 ただ、非常に評判が高かったこともあり『失敗の本質』くらいは「教養として」読んでみようと手を出しました。読み始めてすぐに、その客観的な研究のスタイルに惹きつけられました。

 戦争は冷静に議論しにくいテーマです。「好き嫌い」「怖い」「愛国心」といった感情が先に立ってしまうからです。感情から入ってしまうと、その先の議論ができなくなります。 原発問題も同じかもしれません。「絶対安全」という言葉が、さらなる安全対策を鈍らせましたし、「絶対反対」と言った瞬間に、「どのように脱原発を進めるか」という話もできなくなってしまいます。

『失敗の本質』では戦争を、「国家間の紛争解決手段のひとつ」として捉え、冷徹な研究者の目で観察し評価しています。「こういう戦いの捉え方があるのか」と感銘を受けました。 個人的に好きなのは一章の事例研究ですが、二章で語られる失敗の本質、三章の教訓も含め、ビジネスの現場でも活かせると感じました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


三谷宏治 [K.I.T.虎ノ門大学院主任教授]

1964年大阪生まれ、福井育ち。小1のとき読書と読みかじりを人に教える快感に目覚め、駿台予備校では教えることの技術に衝撃を受ける。東京大学 理学部物理学科卒業後19年半、BCG、アクセンチュアで戦略コンサルタントとして働く。2003年から06年までアクセンチュア 戦略グループ統括。途中、INSEADでMBA修了。
2006年から教育の世界に転じ、社会人教育と同時に、子どもたち・親たち・教員向けの授業や講演に全国を飛び回る。「決める力」「発想力」と「生きる力」をテーマに毎年8000人以上と接している。現在K.I.T.(金沢工業大学)虎ノ門大学院 主任教授(MBAプログラム)の他に、早稲田大学ビジネススクール、グロービス経営大学院、女子栄養大学で客員教授、放課後NPO アフタースクール及びNPO法人 3keys 理事を務める。永平寺ふるさと大使。
著書多数。『一瞬で大切なことを伝える技術』(かんき出版)は啓文堂書店2012ビジネス書大賞、『経営戦略全史』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はダイヤモンドHBRベスト経営書2013第1位、ビジネス書大賞2014大賞、『ビジネスモデル全史』(同)はHBRベスト経営書2014第1位となった。
HPは www.mitani3.com

 

 


戦略読書

みんなと同じ本を読んではいけない! ビジネス、SF、科学、歴史、マンガ、心理、哲学…他。「何を」「いつ」「どう」読むかを戦略的に変えて、コモディティ化しない自分をつくるための読書法を紹介する新刊『戦略読書』から、原稿の一部を抜粋して掲載します。
 

「戦略読書」

⇒バックナンバー一覧