ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ずるい暗記術
【第13回】 2015年12月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐藤大和 [弁護士]

試験直前! 1ページ1秒でパラパラ見る「記憶引き出し術」

3万部を突破した『ずるい暗記術』。年末年始になると、センター試験の追い込みをしている学生さんも多いのではないでしょうか。かくいう著者も、2ヵ月という短期間で、目標を達成しました。短期間で効率よく覚えて思い出すためのノウハウを本書から一部抜粋し、試験まで時間のない方がたのための勉強法をご紹介していきます。
今回は、試験直前ならではの勉強法。テスト対策に打って付けです。

記憶を引き出すためのトレーニング方法

 これは、記憶を引き出すためのトレーニング方法です。

 今やっている問題集や参考書を1ページ1秒くらいの速さでめくって見ていきます。

 いわゆる速読術とは違い、「読む」のではなく、「見る」作業です。

 「見て思い出す」というアウトプットに加え、1ページ1秒の速さで一冊めくることによって、その本の全体の内容を一気につかむのです。見てすぐに思い出せなかったもの、つまり理解できていないところが明確化するという利点もあります。

 時間をかけて全部の勉強をするよりも、わからないところだけを取り出して集中的にやればよいので、勉強時間も短くてすみます。

連載第3回(本書では序章)でお話しした「ウォーリーをさがせ!」を覚えてますか? たくさんの情報の中から、手がかりのない状態で探すのではなく、ウォーリー(大事な論点・疑問点)をあらかじめピックアップするのです。

では、具体的なやり方を説明しましょう。

 本書で詳しく説明していますが、重要なワードをすでにマークしていると思います。そのワードが太字になっているもの、あるいは自分でマーカーなどで印をつけた問題集か参考書を用意します。複数冊やる必要はなく、1冊だけでじゅうぶんです。

 勉強する時間帯は朝、頭のクリアなときがベストです。1ページにつき太字やマーカーをつけた1ワード、1秒を目安にパラパラとめくっていきます。必ずしも順番通りに見なくてもかまいません。めくりやすいように、紙めくり用の指サックなどを使うのがおすすめです。

 わからないところが出てきても、めくる流れは止めず、その場でサッとマークするか付箋をつけ、最後まで一気にめくります。そして、そのわからなかったところを、その日の勉強課題にします。

 わかるわからないの判断基準は、まず、そのワードを知っていること。次に、その言葉の意味を知っているか、人名だったら肩書きが思い出せること。さらに、関連するワードが絵のようにパッと思い浮かぶこと、の3段階です。

 1秒という短い時間なので、最後の段階までいくのはなかなか難しいですが、ここまでいくことができれば、実際の試験でも問題の1ワードを見ただけで、パッと答えが思い浮かぶようになります。

 そう、これは、スピードを意識し、考えずに思い出す訓練でもあるのです。

 重要なワードがなるべくたくさん載っている1冊を試験会場に持っていき、直前に1ページ1秒でパラパラ見ておけば、怒涛のように記憶が引き出されるのです。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


佐藤大和 [弁護士]

レイ法律事務所代表弁護士(東京弁護士会所属)
1983年生まれ。宮城県石巻市出身。高校時代、模試では偏差値30のダントツビリで落ちこぼれ。大学生になってから勉強に目覚め、2009年の司法試験に1回目で合格(民事系科目は上位5%以内で合格)。11年、弁護士となり、大手法律事務所を経て、14年4月、レイ法律事務所を設立し、経営者弁護士として、2016年1月には国内の法律事務所でTOP5%以内の事務所規模に成長させる。TBS「あさチャン!」、フジテレビ「バイキング」のコメンテーターのほか、NHK Eテレ「Rの法則」などに出演。フジテレビ「リーガルハイ」、テレビ朝日「グッドパートナー 無敵の弁護士」、日本テレビ「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」など数多くの人気ドラマの法的監修も手掛ける。15年9月には『ずるい暗記術 偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法』(ダイヤモンド社)を出版し、ニューヨークタイムズ、スウェーデンの新聞社など海外からも取材も受けるマルチ弁護士として活躍中。

 


ずるい暗記術

偏差値30の学年ビリが、司法試験になんと1発合格! 資格試験、英語、大学受験、入社試験ほか、「答え」が存在する試験で、効率的に結果を出す勉強法が『ずるい暗記術』です。本書より、常識とはかけ離れたこの勉強法がなぜ、効果的なのか? 著者の魅力と勉強法のポイントを合わせて紹介していきます。

「ずるい暗記術」

⇒バックナンバー一覧