火事だけではない!
台風や爆弾低気圧も脅威に

「火災保険に入っていれば大丈夫」と思うかもしれないが、話はそう簡単ではない。

 そもそも、いったん空き家となってしまえば、火災保険には入りにくい。保険会社から断られてしまったり、一般住戸よりも極めて高い保険料がかかってしまう。

 さらに話を難しくするのが、「賠償責任」の所在。火災保険の特約に「個人賠償責任保険」がある。これは自分や家族が他人の物を壊したり、ケガをさせるなどしたときに補償が下りる仕組みだ。しかし、空き家の場合、誰も住んでいないのだから、「個人賠償責任保険」は適用外だ。

 代わりに必要になるのは「施設賠償責任保険」。つまり、人ではなく施設(空き家)そのものが、誰かや何かに損害を与えてしまったときに補償してもらえる保険だ。

 もっとも、この「施設賠償責任保険」も空き家の場合は、加入を断られることもある。保険会社にとって、何が起きるか分からないリスクを秘めている空き家は、決してありがたい顧客ではないのだ。

 重過失を問われかねない事件・事故はほかにもある。たとえば台風や爆弾低気圧の通過時に屋根瓦が吹っ飛んだり、はがれ落ちた外壁が歩道に落ちる、などの事故だ。運悪く通行人に当たってしまい、持ち主が重過失を問われれば、莫大な補償金が発生する可能性もある。

 解体費用を出し惜しんだり、どうすれば良いか分からず放っておくことで、とんでもない事態を引き起こしかねない空き家。「放っておくことで発生する思わぬリスク」をきちんと把握しておく必要がある。

(ダイヤモンド・オンライン編集部 津本朋子)