ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
陳言の選り抜き中国情報

外国人スーパーモデルから援交まで
師走の中国は金儲けで忙しい

陳言 [在北京ジャーナリスト]
2015年12月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「春節」を新年と考えている中国では、いまはどこに出かけても「ジングルベル」の曲が流れ、白い「雪」をかぶるクリスマスツリーが、常夏の南方都市でさえも商店街を飾っている。この国はいつのまにかこんなに「国際化」したのだろうかと不思議に思い、新聞に手を伸ばすと、もっとおかしな社会現象が雪のように目の前に降ってきた。

ウクライナから来た「スーパーモデル」
その実の姿は「炭鉱労働者」

 四川省成都市で発行する「天府早報」からはこんなエピソードが流された。

 この数年、成都ではどこでも金髪碧眼で足の長い外国人モデルが見られるようになった。各種の商業イベントでは、外国人モデルの登場が増え続けている。現在、不動産やワイン、宝飾など多くの企業が外国人モデルを好むようになっており、外国人モデルによって企業イメージを高めようとしている。現在、成都で外国人モデルのマネジメント企業は10社近く、モデル数は計100人近くに達すると見られている。成都で開かれるショーの規模が大きくなるにつれ、外国人モデルの需要も高まっており、大規模なモーターショーにおける外国人モデルの割合は全体の40%に達するほどだ。

 100人近いモデルたちの中では、ウクライナ人が半分以上を占めている。ウクライナは美女の産地であり、眉目秀麗で肌が白く背が高い美女が大勢いる。こうした先天的な条件の良さが、中国人の美的感覚にマッチし、歓迎されるようになったのだ。

 最近は、ウクライナ情勢の悪化によって同国の景気が後退したため、多くの若い美男美女たちが中国で生き残ることを選ぶようになっている。その際、モデルが不足している成都は、競争が厳しくなく、報酬も高いことから、彼らにとっては最初の選択地となっている。ウクライナの若者たちの収入は低く、平均月収は中国の通貨に直すと1000元(1元は約18円)程度、就職口のない者も少なくない。

 それに対して成都では、時給にして1000元を稼ぐことができる。同じことをしても、外国人モデルの報酬は中国人モデルの2.5~3倍に達し、素質に恵まれていれば月に7~8万元を稼ぐこともできる。こうしたウクライナ人にとって、成都は金儲け天国なのだ。

 多くの企業はこうした金髪碧眼のモデルを好むため、一部のウクライナ人女性は髪を金髪に染め、中国企業の“金髪碧眼”信仰に合わせている。

 外国人モデルの多くは合法的なビザを持っていない。彼らの多くは3ヵ月の観光ビザやビジネスビザを持ち、期限が来れば一度出国してまた帰ってくる。ほとんどのマネジメント会社も、費用が複雑で手続きも面倒なために、外国人モデルのためのビザ取得には消極的だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

陳言 [在北京ジャーナリスト]

1982年南京大学卒。『経済日報』に勤務してから、1989年に東京大学新聞研究所、慶応大学経済学研究科に留学、博士課程終了、萩国際大学教授。2003年に帰国。月刊『経済』主筆。2010年から日本企業(中国)研究院を設立、執行院長。ダイヤモンドオンライン、『週刊東洋経済』『アエラ』『中国経済週刊』『中国経営報』などのメディアに数多くの記事を掲載。2015年日本語日刊紙『速読中国』を創刊して編集長を兼任。


陳言の選り抜き中国情報

世界第2位の経済大国になった中国は、依然として猛烈なスピードで変化している。一方、中国にはウェブ系も含めると、何千というメディアが存在し、情報が溢れかえっている。北京在住の経済ジャーナリスト・陳言氏が玉石混交の情報の中から、中国の対外関係、多国籍企業、技術革新、中国の経済政策など日本経済や日本企業に影響を及ぼす情報を選りすぐり解説する。そこからは日本のメディアが伝える中国とは、違った姿が見えてくる。

「陳言の選り抜き中国情報」

⇒バックナンバー一覧