ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「引きこもり」するオトナたち

SOSは届いていたのになぜ?
40代姉弟の孤立死を招いた真因

池上正樹 [ジャーナリスト]
【第254回】 2016年1月28日
1
nextpage
働き盛りであるはずの40代の間にも目に見えない貧困が広がっている

 目に見えない貧困が広がっている。

 中でも深刻なのは、本来なら、子どもたちや年老いた親世代を支える立場になるはずの中高年層の生活の現実だ。

 最近も、40代の姉弟が京都市の一軒家で遺体となって発見されたというニュースが報じられた。

 1月21日付の京都新聞によると、昨年8月、滞納されていた水道料金の徴収に訪れた市の職員が異臭に気づき、家の中に入ると、2階のベッドに当時48歳の姉と46歳の弟がパジャマ姿で死亡していたのだという。

 警察で司法解剖されたものの、死亡時期や死因はわからなかったようだ。ただ、家の中に食糧がなかったというから、餓死の可能性もある。

 餓死のような悲劇に触れるたびに、なぜ孤立する当事者たちをセーフティネットにつなげることができなかったのかに思いを巡らせてしまう。しかも、今回の2人のSOSは、行政に届いていたにもかかわらず、なぜ孤立死を招いてしまったのか。

 同紙記事によると、姉はかつて働いていたことがあり、弟は自治会の役員も務めていたという。48歳の姉が働けていなかったということは、働けない何かしらの事情があったと推測できるし、「引きこもり」状態にあった1人だったのかもしれない。

2度も生活保護相談した姉弟
京都市はなぜ救えなかったか

 2人は2度にわたり、役所にSOSを発信した。

 最初は、2012年6月、京都市右京区の保護課を訪ね、生活保護について相談している。

 同区保護課の担当者に尋ねると、このときは「生活が苦しい」という相談であり、申請にまでは至っていないという。一軒家も持ち家だったため、実際には、姉に生命保険の解約をアドバイスし、保健センターを紹介したものの、支援にはつながらなかったようだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
ビジネスプロフェッショナルの方必見!年収2,000万円以上の求人特集
ビジネスプロフェッショナルの方必見!
年収2,000万円以上の求人特集

管理職、経営、スペシャリストなどのキーポジションを国内外の優良・成長企業が求めています。まずはあなたの業界の求人を覗いてみませんか?[PR]

経営課題解決まとめ企業経営・組織マネジメントに役立つ記事をテーマごとにセレクトしました

クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

池上正樹 [ジャーナリスト]

通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。主に「心」や「街」を追いかける。1997年から日本の「ひきこもり」界隈を取材。東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したのかを調査。著書は『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『下流中年』(SB新書/共著)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)など多数。TVやラジオにも多数出演。厚労省の全国KHJ家族会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』

 


「引きこもり」するオトナたち

「会社に行けない」「働けない」――家に引きこもる大人たちが増加し続けている。彼らはなぜ「引きこもり」するようになってしまったのか。理由とそうさせた社会的背景、そして苦悩を追う。

「「引きこもり」するオトナたち」

⇒バックナンバー一覧