ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
稼ぐ言葉の法則
【第11回】 2016年3月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
神田昌典

【公式07】ピロークエスチョンの法則

【貧す人】→正しい“答え”は、何?
【稼ぐ人】→正しい“問い”は、何?

1
nextpage

寝ている間に答えがもたらせられる質問法
「ピロークエスチョン」とは?

神田昌典(Masanori Kanda)
経営コンサルタント・作家。株式会社ALMACREATIONS代表取締役。日本最大級の読書会「リード・フォー・アクション」主宰。上智大学外国語学部卒。ニューヨーク大学経済学修士、ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営学修士。コンサルティング業界を革新した顧客獲得実践会を創設(現在「次世代ビジネス実践会」)。のべ2万人の経営者・起業家を指導する最大規模の経営者組織に発展。わかりやすい切り口、語りかける文体で、従来のビジネス書の読者層を拡大。「ビフォー神田昌典」「アフター神田昌典」と言われることも。『GQ JAPAN』(2007年11月号)では、「日本のトップマーケター」に選出。2012年、アマゾン年間ビジネス書売上ランキング第1位。著書に、『あなたの会社が90日で儲かる!』『非常識な成功法則【新装版】』『口コミ伝染病』『60分間・企業ダントツ化プロジェクト』『全脳思考』『ストーリー思考』『成功者の告白』『2022――これから10年、活躍できる人の条件』『不変のマーケティング』『禁断のセールスコピーライティング』、監訳書に、『ザ・コピーライティング』『伝説のコピーライティング実践バイブル』『ザ・マーケティング【基本篇】』『ザ・マーケティング【実践篇】』などベスト&ロングセラー多数。

 自分がワクワクするようなアイデアを思いつき、それを仕事で実行する。そして結果が出たとき、あなたは、どう感じるだろうか?

 そう、「やった~!」と心の中で、ガッツポーズを取るだろう。自分で思い描いたアイデアを実行するのは、最上の喜びだ。

 明確なアイデアを手にすると、それは未来から送られてきた強力な磁石のように、自分を突き動かしていく。

 今まで「こんなの、お金にならない」「自分の力を活かせない」と不安を抱え、愚痴っていたのが、ウソのように消える。

 なぜなら、仕事で他者貢献しながら自己実現できることは、最高の報酬だからである。

 「神田さん、それはわかるんですが、私には夢中になって取り組めるものが見つからないんです……」

 そこで、あなたに試していただきたいのが、寝ている間に答えがもたらせられる質問法「ピロークエスチョン」だ。

 やり方は、簡単。答えを知る必要はまったくない。都合のいい質問を用意するだけでいい

 たとえば、「今の会社で、私の才能が開花され、夢中になってできる仕事は何か?」と自分に問いかけ、明朝までに答えが得られると暗示をかけて眠る。すると、翌朝には、本当にアイデアが思いつくことが多い。

『稼ぐ言葉の法則』「はじめに」の
「ぶっとばす」もこの方法で!

 さらには、夢を覚えておくといい。夢は一見、関係ないと思えるが、「夢から連想できる、今すぐ役立つ取り組みは何か?」と考えていくと、ふっと実行可能なアイデアが思いつくことに驚くはずだ。

【稼ぐ人】は、夢中になれる仕事を探すのではなく、寝ているときの夢を使って、目の前の仕事を夢中になってやる方法を見つけるのだ。

 実は、この本の「はじめに」も、ピロークエスチョンでアイデアを出したもの。「読者を一気に、読みたくさせる第一文は何か?」という都合のいい質問を、寝る前にしたのだ。

 そうしたら、「ぶっとばす」という言葉が、朝、突然、頭の中で鳴り響き起こされた。

 正解を見つけようとするのは難しい。
 しかし都合のいい質問をするのは、簡単。
 やるかやらないかだけで、仕事の進み方に大きな違いが生まれるのだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


神田昌典(Masanori Kanda)

経営コンサルタント・作家。株式会社ALMACREATIONS代表取締役。日本最大級の読書会「リード・フォー・アクション」主宰。上智大学外国語学部卒。ニューヨーク大学経済学修士、ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営学修士。コンサルティング業界を革新した顧客獲得実践会を創設(現在「次世代ビジネス実践会」)。のべ2万人の経営者・起業家を指導する最大規模の経営者組織に発展。わかりやすい切り口、語りかける文体で、従来のビジネス書の読者層を拡大。「ビフォー神田昌典」「アフター神田昌典」と言われることも。『GQ JAPAN』(2007年11月号)では、「日本のトップマーケター」に選出。2012年、アマゾン年間ビジネス書売上ランキング第1位。著書に、『あなたの会社が90日で儲かる!』『非常識な成功法則【新装版】』『口コミ伝染病』『60分間・企業ダントツ化プロジェクト』『全脳思考』『ストーリー思考』『成功者の告白』『2022―これから10年、活躍できる人の条件』『不変のマーケティング』『禁断のセールスコピーライティング』、監訳書に、『ザ・コピーライティング』『伝説のコピーライティング実践バイブル』『ザ・マーケティング【基本篇】』『ザ・マーケティング【実践篇】』などベスト&ロングセラー多数。


稼ぐ言葉の法則

20年のコンサル実績!「日本一のマーケッター」が待望の「売れる公式41」を初公開!あなたは、【貧す人】?【稼ぐ人】どっち?たった一語で天国と地獄!「PASONAの法則」は、マーケッターの間ではよく知られている法則で、著者が17年ほど前に開発したものだが、今まで書籍化を拒んできた。なぜなら、あまりにも効果的かつ即効性があるために、悪用されかねなかったからである。今回、ようやく誤解されることなく、説明できる自信がついたので、時代の変化を踏まえて改善し、「新・PASONAの法則」として、初めて詳しく説明する。PART3の【貧す人】vs【稼ぐ人】売れる公式41も、シンプルかつ強力だ。表面的には、41の売れる公式だけを集めたように思われるかもしれないが、背景には、著者の20年間で数万人のコンサルティング経験を凝縮した理論体系があり、稼ぐビジネスをつくりあげるうえで、本当に必要な原則を漏れなくダブることなく抜き出した。
気楽に読んで、ひとつでも使ってみていただくと、たちまち現実に違いが生じ始めるはずだ。

 

「稼ぐ言葉の法則」

⇒バックナンバー一覧