HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

健康不安を放置しない!最新治療&予防法

[疲労]
疲労度の自覚が大切
回復に「緑の香り」

--週刊ダイヤモンド編集部--
【第2回】

 あわや大事故。クルマの運転中にそんな経験があれば、思い出してほしいことがある。それは運転開始から何時間後だったか。3時間を超えていたのではないか。

 警察庁科学警察研究所と共同で運転用シミュレーション機の改良研究に携わった関西福祉科学大学教授で東京大学特任教授の倉恒弘彦氏によると、「3時間以上運転すると、ブレーキを踏む反応が明らかに遅くなっていた」という。

 「事故防止のため、2時間運転したら10分休憩」とよくいわれるのは、脳が疲労を感じると、神経・内分泌(ホルモン)・免疫系の働きに変調を来すため。動作の反応が鈍くなり、視覚的な注意力も低下するのだ。

 長時間の運転や仕事で疲れたときの手軽な回復アイテムは、「緑の香り」である。昼休みに公園や森林のそばで深呼吸をしてみよう。あるいは緑茶を飲んでひと息つこう。脳の疲労回復を助けてくれる効能がある。食べ物ではトリの胸肉などに含まれる「イミダゾールジペプチド(アミノ酸結合体)」や、ビタミンB1・C、コエンザイムQ10などには疲労回復の効果があると証明されている。

1 2 >>
このページの上へ

週刊ダイヤモンド編集部


早く見つけて、早く手を打てば、病気だって恐れ過ぎることはない。「週刊ダイヤモンド」が、症状別の最新対処法を日々多忙のビジネスマンにおくる。


健康不安を放置しない!最新治療&予防法

毎日の忙しさの中で、体の不調をついそのままにしていませんか?ちょっとした症状が実は重要な「サイン」だったという例は数多くあります。病気になってから治療するのは“のどが渇いてから井戸を掘る”ほどの手遅れ、という医師もいるくらい早めの対処は大切。本連載は働き盛りのビジネスマンが知っておくべき病気の最新常識です。

「健康不安を放置しない!最新治療&予防法」

⇒バックナンバー一覧