HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

コーラ1缶で薬の吸収率がアップ?
肺がん治療の分子標的薬

井手ゆきえ [医学ライター],-週刊ダイヤモンド編集部-
【第286回】

 コーラ飲料が、肺がん治療に欠かせない抗EGFR抗体薬の薬効を向上させる、かもしれない。オランダの研究から。

 抗EGFR抗体薬は、がん細胞を増殖させる分子の働きを抑え、進行を食い止める分子標的薬だ。

 一般には「イレッサ(一般名ゲフィチニブ)」が知られているだろう。そのほか「タルセバ(一般名エロルチニブ)」や慢性骨髄性白血病治療薬「スプリセル(一般名ダサチニブ)」などが相次いで開発、発売されている。

 この抗EGFR抗体薬は「飲み合わせ」に注意が必要で、よく「抗菌薬やグレープフルーツジュースと一緒に飲まないでください」と指導される。

 特に、胃炎や胃潰瘍を治療するH2ブロッカーやプロトンポンプ阻害薬(PPI)を飲んでいると、胃のpH値がアルカリ性に傾くため、薬によっては有効成分の吸収率が半分以下に落ちてしまう。

 いくら強力な抗がん剤でも薬効が半分では、それこそ「毒にも薬にも」ならない。

 そこで、オランダの研究グループが胃のpH値を逆転させる方法はないかと探索。ようやく見つけた解決法は、コカ・コーラと薬を一緒に飲むというものだった。

 研究はエロルチニブを服用中の28人を対象に行われた。参加者の半数がPPIを服用している。

 最初の7日間は250mLの水で、次の7日間はコカ・コーラ(クラシック!!)250mLでエロルチニブを飲むグループと、逆の順序で飲むグループとに分け、節目ごとに薬の吸収率を検査した。

 その結果、コーラと一緒にエロルチニブを飲むと薬の吸収率が明らかに改善されることが分かった。特に、PPIを飲んでいる人は、水で飲むより4割近く吸収率が上がることが判明している。一方、PPIの非服用者では、さほどの影響は認められなかった。

 研究者は「コーラ1缶で薬効が最大限に高められる」とし、今後、他の抗EGFR抗体薬についても研究していくという。

 何より患者にとって手軽な点がいい。他の抗がん剤でも飲食物で薬効を強化したり、副作用を軽くする方法が見つかってほしい。

(取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

関連記事
このページの上へ

井手ゆきえ [医学ライター]

医学ライター。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。

 

週刊ダイヤモンド編集部


専門医の監修を得て、あなたの症状に潜む病気の可能性を検証。カラダのアラームをキャッチせよ。


カラダご医見番

ハードワークのストレスに加え、飲酒や脂っこい食事。ビジネスマンの生活習慣は健康面からは実にハイリスクです。痛い・苦しい・痩せた・太った・イライラする…。そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。

「カラダご医見番」

⇒バックナンバー一覧