ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
高橋洋一の俗論を撃つ!

増税スキップ・景気対策・追加緩和で日本経済は盤石になる

高橋洋一 [嘉悦大学教授]
【第141回】 2016年3月24日
1
nextpage
参院選前の「3点セット」実施で日本経済は盤石になる

 今月14日、筆者は超党派の創生「日本」(会長は安倍晋三総理)の勉強会に、本田悦朗内閣官房参与とともに招かれて講演した。本田参与が消費再増税の凍結を訴えたので、筆者は現在の経済状況で必要な対策を説明した。

 本コラムでは、そのときの講演内容と主な質疑を備忘録として書いておこう。

国内で14年消費増税の悪影響
海外で中国リスクが経済の2大ポイント

 経済の現状を見るポイントとして、国内要因では2014年4月からの消費税率8%への増税による消費減退、海外要因では中国リスクがある。

 まず、2014年4月からの消費増税の悪影響であるが、これはどのように説明を取り繕っても否定できない。これまで、財務省は1997年の景気後退は4月からの消費増税の影響ではなく、アジア危機のためなどと疑問もある説明をしてきたが、今回ばかりは言い逃れができない。2014年4月の消費増税の前には、2014年度の経済成長率は1~1.5%と、消費増税の影響は軽微であると言ってきたが、実際には▲1%と予想はまったく外れた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
ビジネスプロフェッショナルの方必見!年収2,000万円以上の求人特集
ビジネスプロフェッショナルの方必見!
年収2,000万円以上の求人特集

管理職、経営、スペシャリストなどのキーポジションを国内外の優良・成長企業が求めています。まずはあなたの業界の求人を覗いてみませんか?[PR]

経営課題解決まとめ企業経営・組織マネジメントに役立つ記事をテーマごとにセレクトしました

クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

注目のトピックスPR

話題の記事

高橋洋一[嘉悦大学教授]

1955年、東京都に生まれる。東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。1980年、大蔵省入省。理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、内閣府参事官(経済財政諮問会議特命室)、総務大臣補佐官などを歴任したあと、2006年から内閣参事官(官邸・総理補佐官補)。2008年退官。金融庁顧問。2009年政策工房を設立し会長。2010年嘉悦大学教授。主要著書に『財投改革の経済学』(東洋経済新報社)、『さらば財務省』(講談社)など。

 


高橋洋一の俗論を撃つ!

元財務官僚の経済学者・高橋洋一が、世にはびこるもっともらしい「俗論」の過ちをズバリ解説。

「高橋洋一の俗論を撃つ!」

⇒バックナンバー一覧