ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ベルギー爆弾テロの背景に政府の対策の甘さ

仲野博文 [ジャーナリスト]
2016年3月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
事件が起きたブリュッセルをはじめ欧州各地で追悼の動きが続いている Photo:AP/AFLO

ベルギーの首都ブリュッセルで22日朝に発生した連続爆弾テロ事件。これまでに少なくとも31人が死亡、300人以上が負傷しており、EUやNATOの関連施設も多い「欧州の首都」は一転して厳戒態勢が敷かれることになった。同時に、ベルギーのテロ対策の甘さを指摘する厳しい声も出始めている。(取材・文/ジャーナリスト 仲野博文)

30人以上の命を奪った爆弾テロ
「欧州の首都」が厳戒態勢に

 ベルギーの首都ブリュッセルで22日、空港と地下鉄駅の2ヵ所で連続して爆発が発生し、少なくとも31人が死亡し、300人以上が負傷する大惨事となった。これらの爆発で、2人の日本人も重軽傷を負っている。ブリュッセル空港で二度の爆発が発生したのが、現地時間の22日午前8時ごろ。爆発のあった空港内のターミナルビルは激しく損傷しており、少なくとも一回の爆発ではスーツケース爆弾が使用された可能性が指摘されている。現場では爆弾が取り付けられたベストや自動小銃も発見されている。1時間後の午前9時過ぎには、ブリュッセル市内中心部、EU本部に近い地下鉄のマールベーク駅で、発車直後の地下鉄で爆発が起こった。

 事件発生から間もなくして、ベルギー政府はテロの警戒水準を最高レベルの4まで引き上げ、ブリュッセル市内の公共交通機関はストップし、国内の原子力発電所でもほとんどの職員に対して避難指示が出され、市民は極力外出を控えるよう伝えられた。ブリュッセル在住のジュリー・タイレルさんは、「こういったテロの可能性は以前から語られていたものの、実際に町の機能が全てストップしている光景に驚きを隠せません。今はメッセンジャーなどを使って家族や友人の無事を1人ずつ確認しています」と語った。

 事件発生後、IS(通称:イスラム国)と繋がりがあるとされるニュースサイトがISの関与を伝えており、事実上の犯行声明とみられる。ベルギーの警察当局は空港の防犯カメラがとらえた3人の男性の写真を公表。3人のうち2人は自爆したとみられ、当局は残る1名の情報を市民に求めている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

仲野博文 [ジャーナリスト]

甲南大学卒業、米エマーソン大学でジャーナリズムの修士号を取得。ワシントンDCで日本の報道機関に勤務後、フリーに転身。2007年冬まで、日本のメディアに向けてアメリカの様々な情報を発信する。08年より東京を拠点にジャーナリストとしての活動を開始。アメリカや西ヨーロッパの軍事・犯罪・人種問題を得意とする。ツイッター:twitter.com/hirofuminakano

 


DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧