ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Global Elite Perspectives~一流と二流の差はどこからくるのか

一流は「文化的教養を重視」二流は「経済効率と学校の勉強だけ」

ムーギー・キム
【第4回】 2016年4月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

文化遺産的色彩の強い築地市場をなぜ移転?

 今週私は東京にいるのだが、連日海外からのお客さんが日本を訪れている。

 この一週間でスイス、アメリカ、イタリア、香港、韓国の友人が来たのだが、お目当ては言うまでもなく桜だ。先週は寒気で桜の開花が遅れ、みな“花見”ではなく、“つぼみ見”だけして帰ることになったが、今はまさに桜満開。代々木公園を散歩しても皇居の周りを走っても、桜のあまりの美しさに、頭とハートがぽーっと温かくあるのは私だけではあるまい。

 それにしても、日本は観光資源に恵まれている。伝統豊かな社寺仏閣に加え、お客さんに対する極めて丁寧な親切文化は、重ね重ね素晴らしい。それに加えて美味しい食事と、それを可能にする豊かな海産物と美しい四季。しかし東京を訪れる人が最も喜ぶのは、なんといっても築地市場である。

 昨日も香港人とスイス人の友人と築地市場を訪れたのだが、彼女たちは目を輝かせて市場の活気と魚屋さんとの交流を楽しんでいた。あの二輪カートに乗せてくれて場内を一周してくれるおじさんがいたり、卵焼きの食べ方をやたらと説明してくるおじさんがいたり。単に可愛いらしい外国人女性と話したかっただけな気もするが、“外国人をもてなしたいスピリット”が強い人が多く、外国からのお客さんと一緒に歩いてると、あちらこちらで“出血大サービス”を受けることも多い。

 そんな上機嫌だった彼女たちが激怒したのが、築地市場移転のニュースだ。いわく、これほど歴史があって文化的で、活気と風情にあふれた場所がなぜ移転するのか、と。その移動先で綺麗なモールと清潔なフロアでLEDライトに照らされた魚なんて誰も見たくない、と。この世界に冠たる築地市場は長年の歴史の積み上げがその存在を特別なものにしているのに、このローカルの人々は、自分たちが何を失おうとしているのか分かっているのか、と。

 私も今更ながら、なぜ築地市場という最も人気のある、文化遺産的色彩のある市場を移転しなければならないのか、おさらいしてみた。その“移転理由”を調べてみると、施設の老朽化と衛生問題、そして運送上の効率性らしい。品質保持の問題が挙げられていたり、築地が都民の食生活を支える役割が果たせなくなる、震災の影響はどうなるのだ、などもうわけのわからん議論が展開されていて驚くほかない。

 この説得力のない議論の数々はまさに“Give me a break!!(ええかげんにしてくれ!)”といった感じである。移転に伴い大きな利権が動くのだろうが、世界的スタンダードで見れば築地市場は立派に綺麗で美しく、清潔で比類なき文化価値を有しているのに、重ね重ね残念だ。

 少し前、ホテルオークラの取り壊しの時に、海外から文化保全運動が起こって注目を浴びたが、「古くからの伝統」に対する値段を、日本はつけ間違えているのではなかろうか。

 観光立国を目指し、観光業が数少ない成長産業であるのに、最も人気のある伝統文化遺産を、本当に“市場の効率性”のために廃棄するのであれば、これほど惜しいことはない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ムーギー・キム

1977年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。INSEADにてMBA(経営学修士)取得。大学卒業後、外資系金融機関の投資銀行部門にて、日本企業の上場および資金調達に従事。その後、世界で最も長い歴史を誇る大手グローバル・コンサルティングファームにて企業の戦略立案を担当し、韓国・欧州・北欧・米国のほか、多くの国際的なコンサルティングプロジェクトに参画。2005年より世界最大級の外資系資産運用会社にてバイサイドアナリストとして株式調査業務を担当したのち、香港に移住してプライベートエクイティファンドへの投資業務に転身。フランス、シンガポール、上海での留学後は、大手プライベートエクイティファンドで勤務。英語・中国語・韓国語・日本語を繰る。グローバル金融・教育・キャリアに関する多様な講演・執筆活動でも活躍。著書に『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』(東洋経済新報社)がある。


Global Elite Perspectives~一流と二流の差はどこからくるのか

欧州系投資銀行、米系戦略コンサルティングファーム、米系資産運用会社等の東京支店にて勤務後、香港・シンガポールに移住、アジア・太平洋地域でのプライベートエクイティ投資業務などグローバルの舞台で活躍し、英語・日本語・韓国語・中国語を操る「グローバルエリート」のムーギー・キム氏。世界中にグローバル・エリートネットワークを持ち、一流エリートたちの生態を知り尽くすキム氏が「一流と二流のはざまにあるもの」について分析する。

「Global Elite Perspectives~一流と二流の差はどこからくるのか」

⇒バックナンバー一覧