ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Global Elite Perspectives~一流と二流の差はどこからくるのか

一流エリートと二流エリートの差は「主体性」

~ファーストペンギンを育てよ!

ムーギー・キム
【第1回】 2016年2月23日
1
nextpage

欧州系投資銀行、米系戦略コンサルティングファーム、米系資産運用会社勤務、アジア・太平洋地域のプライベートエクイティファンド投資等の経歴を持ち、英語・日本語・韓国語・中国語を操る「グローバルエリート」のムーギー・キム氏。グローバルエリート・ネットワークを有し「一流」に対する目利きは随一のキム氏が「一流のプロフェッショナル達が持つ共通点」について語る。

 「ほんまに、どのテレビ見ても雑誌見ても、清原、ベッキー、そして狩野英孝の浮気問題…それ以外に大切なことが、この国にはあるんとちがうか!!」

 というわけで、東洋経済オンラインでの「グローバルエリートは見た!」から早2年、このたび『一流の育て方』という本をダイヤモンド社さんから出していただくことになり、このたび光り輝くダイヤモンドの地に降り立たせていただいた。

 皆さんは「一流」と聞いて、何を思い浮かべるだろうか? 一流の政治家かもしれないし、一流の学者かもしれないし、一流の経営者かもしれない。一流の音楽家や一流のシェフ、一流のプロレスラーだっているだろう。

 これら一流の人たちが集まる集いに行くと、分野は全く違うのに、本質的な共通点があることがわかる。世界中の一流のエリートと二流のエリートを分けるその分岐点は、「主体性の強さ」「視野の広さ」「グリット(やり抜く力)」「コミニュケーション能力」「学習意欲」に「躾と愛情深さ」である。そしてこれらは彼らの家庭環境および幼少期からの育てられ方に起因することが多いのだ。

 これは著書『一流の育て方』でも詳しく述べているが、子どもを一流に育てる具体的な実行方法は著書に譲りつつ、本連載ではなぜこれらの「子育ての本質」が、一流のビジネスパーソンを育てる本質と同じなのか、そして「自己実現できる力」を育むにはどうしたらいいのかを、親愛なる読者の皆様とともに議論していきたいと思う。

ファーストペンギンが持つ、主体性とは?

 最近「ファーストペンギン」という言葉をよく耳にするのではないだろうか? これはペンギンの群れが危険を察知したときに、真っ先に海に飛び込む勇敢で冒険心あふれる、リスクをとれるペンギンのことを指している。

 たとえば金融業界やコンサルティング業界にいわゆるエリート人材が殺到するときに、自分だけオファーを蹴って小さなスタートアップに入社し、リーマンショックで皆が解雇される直前にIPOで売り抜けるアーリームーバ―たち。彼らは不動産活況で皆が沸いている間に、自分だけさっさと売り抜けて店じまいする。また株価が上昇局面で田舎のおばさんたちがマネックス証券で口座を開いたころに、自分は株を全部売りつけて手じまいし、他の人が気づいていない次の機会を求めて挑戦を続けるのだ。

 私は世界中で様々な優秀なプロフェッショナルと働いてきた。頭も学歴もよい彼ら・彼女たちの中で、頭一つ抜けている「ファーストペンギン」である人の最大の特徴とは、なんといっても「周りに流されない主体性」の有無につきる。

 主体性とは自分で考え、行動する力のことだが、一流の人は言われる前に動くし、そもそも上司よりもよっぽど先のことを高い視線で考えている。これに対し、学歴が良いだけの“二流のエリート”は常に受け身で、言われたことしかやらない。ちなみに三流の人は言われてもやらないし、怒られても3日たったらもとに戻っているのだから、手が付けられない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
ビジネスプロフェッショナルの方必見!年収2,000万円以上の求人特集
ビジネスプロフェッショナルの方必見!
年収2,000万円以上の求人特集

管理職、経営、スペシャリストなどのキーポジションを国内外の優良・成長企業が求めています。まずはあなたの業界の求人を覗いてみませんか?[PR]

経営課題解決まとめ企業経営・組織マネジメントに役立つ記事をテーマごとにセレクトしました

クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

注目のトピックスPR

話題の記事

ムーギー・キム

1977年生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業。INSEADにてMBA(経営学修士)取得。大学卒業後、外資系金融機関の投資銀行部門にて、日本企業の上場および資金調達に従事。その後、世界で最も長い歴史を誇る大手グローバル・コンサルティングファームにて企業の戦略立案を担当し、韓国・欧州・北欧・米国のほか、多くの国際的なコンサルティングプロジェクトに参画。2005年より世界最大級の外資系資産運用会社にてバイサイドアナリストとして株式調査業務を担当したのち、香港に移住してプライベートエクイティファンドへの投資業務に転身。フランス、シンガポール、上海での留学後は、大手プライベートエクイティファンドで勤務。英語・中国語・韓国語・日本語を繰る。グローバル金融・教育・キャリアに関する多様な講演・執筆活動でも活躍。著書に『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』(東洋経済新報社)がある。


Global Elite Perspectives~一流と二流の差はどこからくるのか

欧州系投資銀行、米系戦略コンサルティングファーム、米系資産運用会社等の東京支店にて勤務後、香港・シンガポールに移住、アジア・太平洋地域でのプライベートエクイティ投資業務などグローバルの舞台で活躍し、英語・日本語・韓国語・中国語を操る「グローバルエリート」のムーギー・キム氏。世界中にグローバル・エリートネットワークを持ち、一流エリートたちの生態を知り尽くすキム氏が「一流と二流のはざまにあるもの」について分析する。

「Global Elite Perspectives~一流と二流の差はどこからくるのか」

⇒バックナンバー一覧