ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

日立建機は中国交通インフラ特需で窮地を乗り切れるか

日立建機社長 辻本雄一

週刊ダイヤモンド編集部
2016年4月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

中国の建設機械需要の激減などが響き、2016年3月期の業績を下方修正した日立建機。窮地を乗り切る打開策はあるのか、今後の見通しについて聞いた。

Photo by Hirobumi Senbongi

──3月16日に閉幕した中国・全国人民代表大会では、交通インフラに2兆元(約35兆円)を投資する方針が示されました。停滞が続いた長いトンネルを抜けるきっかけになりそうですか。

 ぬか喜びはしていません。われわれが需要をつくることはできませんから。中国市場の現状は、ピーク時に比べて、油圧ショベルは85%減、鉱山機械は6割減。16年度を最終とする現中期経営計画を策定した直後に需要がしぼみ、目標と実績に乖離が出ました。その教訓も生かしています。

 向こう1年で策定する中計も、市況は回復しないという前提を置きます。16年3月期は営業利益率3.9%にとどまりますが、新中計では2桁の営業利益率を確保する考えです。

──コスト重視の、守りの経営に転じるということですか。

 それは違います。需要は伸びない中でも、シェアにはとことんこだわって攻め続けます。大黒柱の油圧ショベルはさらに強く、ホイールローダなどグローバルでまだシェアを十分に獲得できていない製品についても、川崎重工業の子会社を買収するなどして事業拡大を狙っています。

次のページ>> 国際化とサービス化へ
1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月28日号 定価710円(税込)

特集 劇変世界を解く 新地政学

世界史の大転換が始まる

【特集2】
銀行界も戦々恐々
コンビニATM戦争

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧