ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

日立建機の“ガンダム建機”が
ようやく福島第1原発へ投入

週刊ダイヤモンド編集部
2013年5月28日
1
nextpage

 建設機械は、実際に仕事をしてナンボである。2012年12月上旬に完成して以来、現場導入については音沙汰のなかった「原子力災害対応用小型双腕重機型ロボット」(ASTACO-SoRa)だが、やっと5月下旬に東京電力福島第1原子力発電所の建屋内へ“実機投入”に向けた秒読み段階に入った。

現行モデルのASTACOは、第2世代に当たる。右は、福島原発に向かうASTACO-SoRa
Photo by Shinichi Yokoyama(左) (C)日立建機(右)

 福島第1原発には、すでに人間が近づけない高い放射線環境下で現場の調査・測定などを行う各種の小型ロボットが投入されている。だが今後は、がれきの撤去、資機材の搬出入、遮蔽物の設置などに特化した“ロボット建機”を投入する必要性が高まってきた。

 これまで「双腕式の作業機械(ASTACOシリーズ)」を手がけてきた日立建機に、原子力関連施設などの遠隔操作技術を持つ日立パワーソリューションズ(旧日立エンジニアリング・アンド・サービス)が加わり、共同開発した小型のロボット建機がASTACO-SoRaだ。末尾のSoRaは、「福島に再び美しい空を」との思いから命名されているという。

 2本のアーム(腕)を別々に稼働させることで、掘る、運ぶ、つり上げる、押さえる、切断するなどの細かい土木作業に従事する。

 その独特の形状と操作性により、ASTACOは、アニメ「機動戦士ガンダム」にちなんで“ガンダム建機”と呼ばれたり、あるいはアニメ「機動警察パトレイバー」になぞらえて“レイバー建機”と呼ばれたりする。建機ファンの間では、よく知られた存在だ。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2016年9月3日号 定価710円(税込)

特集 メガバンク 地銀 証券 金融エリートの没落

本業全滅!銀行員、証券マンの苦悩を徹底描写

【特集2】
全てはボールペン軸から始まった
「加工の匠」積水化学の開発力

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧