ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
あれか、これか ― 「本当の値打ち」を見抜くファイナンス理論入門
【第3回】 2016年4月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
野口真人 [プルータス・コンサルティング代表取締役社長/企業価値評価のスペシャリスト]

「WIN-WINなど存在しない」がファイナンスの常識
この世の取引は『わらしべ長者』に溢れている

1
nextpage

モノの価格とその本当の価値が等しいことはまずない。そもそもなぜこんなことが起きてしまうのだろうか? これに答えてくれるのが、ファイナンス理論だ。

年間500件以上の企業価値評価を手がけるファイナンスのプロ・野口真人氏の新著『あれか、これか――「本当の値打ち」を見抜くファイナンス理論入門』によれば、価格と価値には「ズレ」が必ずある以上、本当の意味で「WIN-WINな取引」などというものは存在しないのだという。

最新刊『あれか、これか』のなかから紹介していこう。

「わらしべ長者」に見る、
価格のシンプルな本質

前回は、ファイナンス的な思考の第一歩が、価格と価値とを分けて考え、価値の見極めに軸足を移すことだと解説した。僕たちは普段どうしても「価格と価格」を見比べて価値判断をしてしまうが、そこに大きなつまずきの元があるのだ。

実際、あるものの価格とその本当の価値が等しいことはまずない。現実世界の価格には、かなり恣意的ででたらめなものもある。「実際の価値よりも高い価格で買わせて、利益を上げる活動こそがビジネスにほかならない!」と言い切ってしまうのであれば、価値と価格にズレが存在するのは当然だ。

では、なぜ価格と価値にズレが生まれるのだろうか? すべての売り手がペテン師だからとは限らない。これをよく表すのが、日本の昔話「わらしべ長者」である。

ある貧乏な男が観音様から「このあと、最初に手に触れたものを持って旅に出ろ」とのお告げを受ける。石につまずいて転んだ拍子に、1本のわらしべ(ワラ)を手にした男は、お告げどおりそのわらしべを片手に旅に出る。顔のまわりをうるさく飛び回っていたアブを捕まえ、わらしべの先に結びつけて歩いていると、小さな子どもを連れた女から「子どもが泣き止まないので、そのわらしべとこのミカンと交換してください」との提案を受ける。

それを発端に次々と物々交換がはじまり、わらしべとミカンを、ミカンと反物を、反物と馬を、馬と屋敷を交換していくうちに、とうとう男は大きな屋敷の主になってしまう――そんな物語である。

世界中にも似たようなおとぎ話があるというから、「わらしべ長者」には価値に対する根本的な洞察があるということなのかもしれない。

この物語からわかるとおり、モノの価値は人や状況によって大きく異なる。男にとっては取るに足りないわらしべも、子どもをあやしていた母親にとっては、ミカンよりも価値があった。喉の渇きに苦しんでいた商人は、上等な反物と引き換えにしてでもミカンをほしがった。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


野口真人(のぐち・まひと) [プルータス・コンサルティング代表取締役社長/企業価値評価のスペシャリスト]

1984年、京都大学経済学部卒業後、富士銀行(現みずほ銀行)に入行。1989年、JPモルガン・チェース銀行を経て、ゴールドマン・サックス証券の外国為替部部長に就任。「ユーロマネー」誌の顧客投票において3年連続「最優秀デリバティブセールス」に選ばれる。

2004年、企業価値評価の専門機関であるプルータス・コンサルティングを設立。年間500件以上の評価を手がける日本最大の企業価値評価機関に育てる。2014年・2015年上期M&Aアドバイザリーランキングでは、独立系機関として最高位を獲得するなど、業界からの評価も高い。これまでの評価実績件数は2500件以上にものぼる。カネボウ事件の鑑定人、ソフトバンクとイー・アクセスの統合、カルチュア・コンビニエンス・クラブのMBO、トヨタ自動車の優先株式の公正価値評価など、市場の注目を集めた案件も多数。

また、グロービス経営大学院で10年以上にわたり「ファイナンス基礎」講座の教鞭をとるほか、ソフトバンクユニバーシティでも講義を担当。目からウロコの事例を交えたわかりやすい語り口に定評がある。

著書に『私はいくら?』(サンマーク出版)、『お金はサルを進化させたか』『パンダをいくらで買いますか?』(日経BP社)、『ストック・オプション会計と評価の実務』(共著、税務研究会出版局)、『企業価値評価の実務Q&A』(共著、中央経済社)など。


あれか、これか ― 「本当の値打ち」を見抜くファイナンス理論入門

あらゆる「選択」に役立つ4つのノーベル賞理論が1冊でわかる! 2500件超の企業価値評価を手がけたファイナンス第一人者が教えるお金・リスク・価値の本質とは? 「カネほど無価値なものはない!」――お金に囚われず「本当の値打ち」を選びとるための最強の実学。

「あれか、これか ― 「本当の値打ち」を見抜くファイナンス理論入門」

⇒バックナンバー一覧