ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
だいじょうぶ。
【第4回】 2016年5月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
今野由梨 [ダイヤル・サービス株式会社代表取締役社長]

世界が絶賛する「日本」。
その日本人がやるべきこと

「今日は苦しくても、あさってには、いいことがある」
80歳、現役・女社長・今野由梨が送る、人間関係・人生・仕事・お金・幸せ・病気・男女・子ども、の悩みが力に変わる「メッセージ」。
孫正義氏推薦の著書『だいじょうぶ。』より、抜粋&編集して、お届けいたします!

「日本をよりよくする」ことが、
私たちに与えられた使命

今野由梨(こんのゆり)
ダイヤル・サービス株式会社代表取締役社長。
1936年三重県生まれ。津田塾大学英文学科卒業。1969年ダイヤル・サービス株式会社の設立にこぎつけ、日本初の電話育児相談サービス「赤ちゃん110番」を立ち上げる。
1985年情報化月間「郵政大臣賞」受賞。
2007年日本の経済社会への寄与による勲章「旭日中綬章(きょくじつちゅうじゅしょう)」を受章。
政府「税制調査会」、内閣府「生活産業創出研究会」、金融庁「金融審議会」など、過去に44の審議会の公職歴をもつ。

 私は、創業するまでの10年間のうち、約半分をニューヨークとベルリンで過ごしています。

 当時、アメリカやヨーロッパは、すでに女性の社会進出が進んでいましたが、私は一度も、「日本に戻るのをやめて、アメリカやヨーロッパに残って仕事をしよう」と考えたことはありません。

 日本に戻れば、女性起業家がしいたげられることも、厳しい状況が待っていることもわかっていました。

 それでも私が帰国したのは、
「世のため、人のため、私の国、この日本のために生きる」ことが私の使命だと、信じて疑わなかったから
です。

 日本のために日本に戻るのは、鮭が海から生まれた川に戻るように、私にとって自然な流れでした。

 起業の目的が「自分のため」だけなら、日本にこだわる必要はなかったでしょう。「お金のため」だけなら、もっとラクに稼ぐ方法が、いっぱい、あったはずです。

 ですが、あの戦争を体験した私は、「この日本のために」という思いが、非常に強かった。
「罪のない子どもが命を落とすことのないように、そのために尽力する」のが、当然のことだったのです。

 先日、ある若手起業家を紹介され、食事を一緒にしたことがあります。私が「この日本のために役立ちたい」と考えていることを知った彼は、

「実は、自分もそう思っていますが、今までお会いしたどの方からも、『この日本のため』という言葉を聞いたことがありません。感動しています、嬉しいです」

と言って小さくふるえ、涙を流しました。
 私は彼の涙に、「この国の希望」を見出した気がします。「日本も、まだまだ捨てたものではないな」と…。

 世界を見渡せば、紛争は続き、貧困はなくならず、エネルギーも食料も枯渇し、緑の大地は砂漠になる……。
 もはや「地球」そのものが持ちこたえられないところまできているのですから、個人の都合、権利、利益ばかり主張する以上に、人として「もっと大きな使命」と照らし合わせながら、一人ひとりが行動すべきときが、来ているのです。

人には誰しも持って生まれた「使命」があり、それを成し遂げるための「能力」も与えられています
 でも、あなたが「自分には何もない」と思っているとしたら、それは、「個人のことだけを考えているから」かもしれません。

 この「地球時代」においては、「日本」という国の果たすべき役割は、たくさん、あります。
 自分の役割も、使命も、才能も、「世のため、人のため、国のために役立てたい」と決めたときに、必ず気づくものなのです。

 日常の生活の中にも、仕事の中にも、自分の使命を見つける「ヒント」は、たくさん隠されていると思っています。

 ヒントに気がつけないのは、「感性のアンテナ」がにぶっているからかもしれません。
「生きることは、平凡なものだ」と決めつけ、好奇心に蓋をしているからです。

 ヒントは目の前にあるのに、「もっとどこか、はるか遠くにあるはずだ」という先入観が目を曇らせていませんか。
 いつでも、どこでも、感性のアンテナを伸ばして、街ゆく人々を、緑の大自然を見ていれば、たくさんの情報が飛び込んできます。

「日常の中にも、自分の使命に気づくためのチャンスやヒントや真実が眠っている」ことを忘れないでくださいね。

 

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


今野由梨 [ダイヤル・サービス株式会社代表取締役社長]

1936年三重県生まれ。津田塾大学英文学科卒業。「女のくせに」という偏見や罵声、既存の慣習の壁が次々と立ちはだ かるなかで、1969年ダイヤル・サービス株式会社の設立にこぎつけ、日本初の電話育児相談サービス「赤ちゃん110番 」を立ち上げる。「赤ちゃん110番」誕生の瞬間は、電話回線がパンクするほどの人気に。法規制と戦いながら、次々 と時代のニーズに応え、ニュー・サービスを立ち上げた。中国、韓国をはじめ、アジアにも広い人脈を持つ。 1985年情報化月間「郵政大臣賞」受賞。1998年「世界優秀女性起業家賞」受賞。 2003年東京ガス株式会社・社外取締役就任(~2007年迄)。 2007年日本の経済社会への寄与による勲章「旭日中綬章(きょくじつちゅうじゅしょう)」を受章。 政府「税制調査会」、内閣府「生活産業創出研究会」、金融庁「金融審議会」、総務省「郵政公社設立準備委員会」の ほか、厚生労働省、文部省、運輸省、通産省、郵政省、など、過去に44の審議会の公職歴をもつ。


だいじょうぶ。

「今日は苦しくても、あさってには、いいことがある」 80歳、現役・女社長が送る、人間関係・人生・仕事・お金・幸せ・病気・男女・子ども、の悩みが力に変わる「メッセージ」。

「だいじょうぶ。」

⇒バックナンバー一覧