ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

英金融街の接待に当局が警告も
日本と違う英市民の意外な反応

加藤 出 [東短リサーチ代表取締役社長]
2016年5月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
英シルバーストーン・サーキットで行われるF1レースは、接待の定番のようだ
Photo:AP/アフロ

 「金融街シティの資産運用会社は顧客を接待し過ぎている」。英国の金融業界の振る舞いを監視しているFinancial Conduct Authority(FCA)は最近、そうした警告を発した。

 これに業界関係者は反発を強めている。「顧客と時間を過ごすことは、ビジネスの人脈をつくる上で非常に重要だ」と考える人が多いからだ。「以前に比べればずいぶんと質素にやっているのだが」という不満もあるようだ。

 もっとも、それは何を基準にするかという議論でもある。英紙「フィナンシャル・タイムズ」(4月25日)が、ある資産運用会社のトップの言葉を掲載していた。

 「私はそういう考え(接待批判)を聞いて悲しくなった。もうじきわれわれは、ゴルフをする日にゴルフボールを持てなくなり、釣りの日はジムに行くことになり、F1(フォーミュラ・ワン)レースは会社のテレビで見ることになる」。率直なコメントだが、接待できなくなる個人的悲しみが少し表れ過ぎという気もする……。

 金融危機前は超過剰接待が珍しくなかったようだ。1998年の英F1グランプリ(7月12日)は、フランス・パリ開催のサッカー・ワールドカップ決勝戦の日と重なっていた。まずは顧客を英ロンドンの北西に位置するシルバーストーン・サーキットに招き、レースが終わるとヘリコプターに乗せてパリへ飛び、午後9時開始のフランス対ブラジル戦を観戦させたことがあったという。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧