ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
田中秀征 政権ウォッチ

菅首相「3年間は解散しない」発言は
解散権の私物化と自らの地位保全だ

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]
【第47回】 2010年8月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 23日朝の1年生議員との懇談会で菅直人首相はこう発言した。

 「すぐに解散と言う人がいるが、ある程度腰を据えて取り組むには、基本的には3年で(衆参)ダブル選挙になると思っている」(8月24日朝日新聞)

 細部の表現は新聞によりまちまちで、これより断言的に言ったような報道もある。

 しかし、各紙で共通しているのは、「3年間衆議院を解散しない」、「衆参ダブル選挙をする」意向を明言したことだ。

 結論から先に言うと、この発言は首相としての資質を根底から疑われるほど不見識である。

 なぜなら、解散権を私物化して、自分の地位の保全のために利用したからだ。

菅首相の見識さえ疑う
不信任の軽視と若手の“買収”!?

 問題点をいくつか列挙しよう。

(1)解散は“首相の専権事項”だが、菅首相個人の専権事項ではない。大きな勘違いがそこにはある。

 戦後の議会史の中で、あるいは明治以来の憲政史上といってもよい。首相自らがこれほど軽々しく「解散」を語ったことはない。

 もしも55年体制下での発言であれば総辞職は必至。そのまま政権を維持しようとしても当時の野党が許さなかっただろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]

1940年長野県生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒業。
83年、衆議院議員初当選。93年6月、新党さきがけ結成、代表代行。
細川政権発足時、首相特別補佐。第一次橋本内閣、経済企画庁長官。
現在、福山大学客員教授、「民権塾」塾長。


田中秀征 政権ウォッチ

かつて首相特別補佐として細川政権を支えた田中秀征が、期待と不安に溢れた現政権の動向を鋭く斬り込む週刊コラム。刻一刻と動く政局をウォッチしていく。

「田中秀征 政権ウォッチ」

⇒バックナンバー一覧