ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

USJドン底から大躍進の鍵は「確率・統計」のフル活用

週刊ダイヤモンド編集部
【16/7/2号】 2016年6月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
「ハリー・ポッター」の巨額投資成功は“魔法”ではなく、確率・統計を駆使した数学マーケティングという種も仕掛けもあった

『週刊ダイヤモンド』7月2日号の第1特集は「『確率・統計』入門」です。先々はどうなるか分からない。未来は不確実です。ビジネスはそんな厄介な存在を相手にしなければいけません。そこで大いに力を発揮するのが確率・統計を筆頭とした数学。ビジネス現場でとても頼りになる道具なのです。

 巨大な岩がそそり立つ入り口を通り過ぎると、“人間界”とはしばしの別れだ。そこから左右を木々に囲まれた小道をしばらく行くと、その先には“魔法界”である「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」が姿を現す──。

 2014年7月、ユー・エス・ジェイが運営する大阪市のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の一角に、社運を懸けた目玉プロジェクトがお目見えした。超有名ファンタジー作品、「ハリー・ポッター」の世界を再現したエリアがオープンしたのだ。

 ある人には、ハリー・ポッターが操る“魔法”のように映っただろう。一時は経営危機のドン底にあった関西のテーマパークが、この大きな賭けに勝ったことで日本全国、そして世界から来場者を集めるテーマパークに生まれ変わり、完全復活を遂げたからだ。

 またある人には、この賭けは“大ばくち”に映っただろう。ハリー・ポッター建設の投資総額は450億円。これは当時、ユー・エス・ジェイの年間売上高の約6割に相当し、投資の原資となる利益との対比を考えると、まさにとてつもない巨額投資だったからだ。

 しかし、実はそのどちらでもなかった。成功の裏には“魔法”と違って、確率・統計を駆使した数学マーケティングという種も仕掛けもあった。また、“大ばくち”にならないように、極限までリスクを抑え、成功確率を高める戦略を実行した1人の男がいたのだ。

 それが、ユー・エス・ジェイのチーフ・マーケティング・オフィサーである森岡毅だ。

 「お子さんがいたら、確率・統計の勉強をさせてほしい」「数学は役に立たないといわれるが、それは逆だということに気付いてほしい」。森岡はそう熱っぽく語る。

 そして、こう結んだ。「テーマパークが数学で変わるんですよ」。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

最新号の読みどころを特集担当者の視点でお伝えします。時には紙幅の関係から記事にできなかった取材の内側など、「ここだけの話」も満載です。

「今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ」

⇒バックナンバー一覧