ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週のキーワード 真壁昭夫

再選した今こそ「待ちの菅さん」から脱却せよ!
為替介入の遅さに日本経済の“下り坂”を見た

真壁昭夫 [信州大学教授]
【第143回】 2010年9月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 9月14日に行なわれた民主党の党首選挙で、菅氏が小沢氏に予想外の大差をつけて勝利した。それによって、これからも菅政権が続くことが決まった。

 しかし、菅政権は勝利の美酒に酔っている暇はない。現在のわが国経済には難問が山積しており、一刻も早くそうした問題に取り組み、解決策を見出していかないと、わが国経済の閉塞感を払拭することができないからだ。

 今までの菅首相の政策運営を見ていると、いかにも動きが遅く、しかも政策の小出しをすることによって効果が減殺されることが多かった。金融市場では、そうした状況を揶揄して“待ちの菅さん”、あるいは“待ち菅”と表現する人もいるようだ。

 その背景には、民主党内の権力闘争があったと見られる。今回、党首選で勝利した以上、その懸念はなくなったはずだ。実務家や経済専門家の見方を十分に反映して、実効性のある政策運営を迅速に打たなければならない。

 わが国経済を取り巻く経済環境は、日々厳しさを増しており、待ったなしの状況だ。海外投資家の中には、「ここで経済を立て直すことができないと、日本はジリ貧の坂を転げ落ちることになる」との見方さえある。

 菅首相は、そうした声に真摯に耳を傾けるべきだ。そうした認識が出発点にないと、今の日本社会を明るくすることはできないだろう。

実務家が少ない政権が抱える不安
短期的には理屈と逆の方向に動くのもよい?

 市場関係者や経済専門家の間から、「菅内閣の中に実務を本当にわかっている実務家がほとんどいない」という指摘を耳にする。確かに、閣僚の顔ぶれを見ると、企業経営や国政レベルの実務を経験した人の数は多くない。

 現在のように、社会の様々な要因が複雑に絡み合っている状況では、単純に理屈通りに物事が運ぶものではない。ときには、短期的に理屈と反対の方向に向かって動かなくてはいけないことも考えられる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

真壁昭夫 [信州大学教授]

1953年神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。ロンドン大学経営学部大学院卒業後、メリル・リンチ社ニューヨーク本社出向。みずほ総研主席研究員などを経て現職に。著書は「下流にならない生き方」「行動ファイナンスの実践」「はじめての金融工学」など多数。


今週のキーワード 真壁昭夫

経済・ビジネス・社会現象……。いま世の中で話題となっているトピックス、注目すべきイノベーションなどに対して、「キーワード」という視点で解説していきます。

「今週のキーワード 真壁昭夫」

⇒バックナンバー一覧