ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

日本経済の目指すべき姿がこの街に? 
「アキバ変態(メタモルフォーゼ)」驚異のビジネスモデル

週刊ダイヤモンド編集部
【10/09/25号】 2010年9月21日
著者・コラム紹介バックナンバー

 あなたが秋葉原(アキバ)という街に抱くイメージは、どんなものでしょうか。

 家電の街、パソコンの街、萌えの街……。ほとんどの人の頭の中に、枕詞のような1つのキャッチフレーズが思い浮かぶと思います。 

 では、同じく東京都内の巨大な商圏である渋谷や新宿、池袋に対しては、どうでしょうか。多くの人が共有できる統一された街のイメージはないと思います。

 ましてや、そのイメージが商材の名前で表されることなどなおさらないはずです。 
1つの強烈なイメージがあること。それが時代によって異なること。これが秋葉原の街の強さの秘密です。 

 ラジオの普及が一巡すれば、テレビや洗濯機などの家電を売る街に変化。三種の神器がもてはやされなくなれば、パソコンやゲームの街へと生まれ変わる。パソコンブームが終わり、成長の終焉を迎えるかと思われたが、今度は「萌えの街」として甦り、再開発がそれを後押しする。 

 まさしく、街が蝶のように変態(メタモルフォーゼ)してきたのです。 今回の特集では、なぜ秋葉原という街が常に人を惹きつけるのかを取材、分析しました。

 秋葉原の街で人気を集める萌えビジネスの成功の方程式とは何か。ガンダムカフェや武器の専門店、ガチャポン会館など、他の地域にはない人気店のビジネスモデルの秘密に迫ります。

 また秋葉原発で、今や国民的人気を誇るAKB48にも密着、「まゆゆ」こと渡辺麻友さんのインタビューも掲載しています。ビジネス雑誌ならではの質問で、普段では見られないまゆゆの一面が見られます。

 さらに、一世を風靡した人気漫画「ゲームセンターあらし」の作者・すがやみつる先生に、あらしの番外編として秋葉原について4ページの漫画を書いてもらいまいした。

 そして今回は、鉄道ファンや、電子部品の工作ファンのためのマニアが喜ぶガイドも盛り込みましたが、一方で初めて秋葉原に行く人のためにMAPも掲載しています。

 加えて、なぜこのようなカオスの街となったのか、歴史的背景にも一章を割き、紹介、分析しています。秋の行楽シーズン、ぜひこの特集を片手に世界から人が集まる観光地、秋葉原を訪ねてみてください。

 日本は、ハード主体の経済からソフト主体の経済へと移行して、内需を拡大し、海外からより多くの需要を呼び込む必要に迫られています。そんな「日本の進むべき道」を、秋葉原はすでに実践しているとも言えます。

 単なるガイド本ではなく、成長の背景にまで詳しく触れていますので、より深くこの街を知ることができると思います。

(『週刊ダイヤモンド』編集部 清水量介)


この記事に関連した読者調査の投票結果を見る
(投票期間は終了しています。)

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

最新号の読みどころを特集担当者の視点でお伝えします。時には紙幅の関係から記事にできなかった取材の内側など、「ここだけの話」も満載です。

「今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ」

⇒バックナンバー一覧