ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

これぞ補正予算に必要な視点!
知る人ぞ知る福岡県の水素プロジェクトが示した
“中小企業”大国のためのサバイバルガイド

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第57回】 2010年10月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「福岡から世界へ。現在、70メガパスカル(=700気圧)での試験はクリアした。次は100メガパスカル(=1000気圧)で我が社の技術を証明してみせます!」。

 TOKiエンジニアリング(福岡県福岡市博多区)の代表取締役、小柳悟氏は熱く語り始めた。

 同社は、ステンレスパッキング専業の中小企業だ。パッキング(日本ではパッキンと称する場合が多い)とは、パイプなどを結合させる継ぎ手のなかに用いる製品。現在は工業用、建設用、水道用などでゴムなどの樹脂製品が主流だ。だが同社は「パッキンの革命」(同社ウェブサイトの表記)を宣言し、独自技術でステンレスパッキングを開発した。現在の主要な納入先は、ニチレイフーズなど食品プラント(製造工場)が多い。

TOKiエンジニアリング代表取締役の小柳悟氏。両手で持つ金属性パイプの継ぎ手部分に、ステンレスパッキングを使用。長期間交換が不要であることを主張するため、同パイプ全体をワイヤーとカギで完全ロックした。

 「アメリカでは、食品テロへのフードセキュリティが大きな問題だ。飲料製品工場などでは、パート従業員が配管の定期整備の際にゴムパッキンを交換しており、テロ行為の可能性が残る。だがステンレスパッキンになれば、定期整備の周期を長くできるため、総合的な製品安全性が上がる。これまでゴム製パッキンは安価であり、さらに世界的にパッキンはゴム製が常識化していて、金属製パッキンの開発が進んでこなかった。そのため大手メーカーの本格的な製品はなく、われわれのような中小企業にビジネスの可能性がある」(小柳氏)。

 こうした技術をさらに高度化させたのが、高圧水素ガスタンク用の同社製品だ。

 しかし、なぜ水素用を開発したのか?

 その理由は、福岡県が2004年に立ち上げた「福岡水素エネルギー戦略会議」にある。これは水素関連研究で世界をリードする九州大学が中核となり、文部科学省、経済産業省、民間企業を巻き込んだ、産学官連携の成長戦略構想である。各種研究施設の開設、世界会議の開催、日本初の燃料電池を活用した水素タウンの整備など、「水素=福岡」を前面に押し出す戦略なのである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧