ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
税金亡命
【第6回】 2016年8月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐藤弘幸

税関は「妊婦」に甘い!?
手荷物検査にまつわる5つのエピソード

1
nextpage

・パナマ文書、タックスヘイブンとは何か?
・富裕層はどんな税金対策をしているか?
・世界ではどのような脱税行為が行われているか?

国税最強部門、「資料調査課」(税務署では調査できない困難案件、例えば大口、悪質、海外、宗教事案などを扱う部署)出身であり、タックスヘイブンの実情を描いた最新刊、『税金亡命』の著者でもある佐藤氏が、本連載で実情を語る。

税関のリアル。
何がよくて、何がダメなのか?

前回の記事では、「税務当局が銀行送金について、どう目を光らせているか」について話した。本日はもう少し身近な話題として、ハンドキャリーのエピソードを紹介したい。

【エピソード1】無申告
 空港の荷物検査でキャッシュがバレたら困ると思い、カメラフィルム用の専用バッグ(X線回避)にキャッシュを入れて通過しようとしたところ、バッグの中身が見えないせいか、検査官に不審に思われて中身を見られてしまった。

 結局のところ、申告するカウンターが荷物検査の次の場所にあるので、検査官からは「ちゃんと申告してくださいね~」と言われて事なきを得た。隠さずに堂々と持ち込めばよかった!

【エピソード2】金属探知機と妊婦
 空港の身体チェックは金属探知機だと聞いていたので、手荷物と違いシースルーにはならないのではと思い試したことがある。女性は妊娠しているケースもあるので、お腹まわりにキャッシュを巻いて検査機をパスしたら何のお咎めもなかった。女性の場合はチェックが甘い?

【エピソード3】マカオのスタンプ
 日本の税関チェックで、多額の現金を持ち込む際の言い訳を聞いたことがあった。「マカオのスタンプ」を押してもらうこと。税関にはカジノで大勝ちしてしまったのでキャッシュのハンドキャリーとなった、と話せば検査官は「しょうがないですよね。税務署がうるさいですから所得の申告はしてくださいね~」で済んでしまった!

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

Shin 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
たった1年で、ド落ちこぼれを外資系コンサルティングファームのマネジャーにまで成長させた超実践的成長ノウハウ! 「指摘のドラフトメール一元化」「最強のTodoリスト」……などコピー取りすらろくにできなかった20代の若手コンサルタントが、自分を変えるために必死で考えたオリジナルの7つの仕事術を紹介。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、7/2~7/8)



佐藤弘幸(サトウヒロユキ)

1967年生まれ。東京国税局課税第一部課税総括課、 電子商取引専門調査チーム(現在の統括国税実査官)、統括国税実査官(情報担当)、 課税第二部資料調査第二課、同部第三課に勤務。 主として大口、悪質、困難、海外、宗教、電子商取引事案の税務調査を担当。 退官までの4年間は、大型不正事案の企画・立案に従事した。 2011年、東京国税局主査で退官。現在、税理士。


税金亡命

国税最強部門、「資料調査課」出身の著者が語る
知られざるタックスヘイブンの真実とは?
パナマ文書の真相、富裕層の税金対策、
ハンドキャリーによるキャピタル・フライト、
金融システムを活用した脱税資金の出口戦略などなど、
オフショア利用者の「常識」が明らかに!

「税金亡命」

⇒バックナンバー一覧