ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
税金亡命
【第4回】 2016年7月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐藤弘幸

最大35%の差がつく!?
富裕層のずるい節税

1
nextpage

・パナマ文書、タックスヘイブンとは何か?
・富裕層はどんな税金対策をしているか?
・世界ではどのような脱税行為が行われているか?

国税最強部門、「資料調査課」(税務署では調査できない困難案件、例えば大口、悪質、海外、宗教事案などを扱う部署)出身であり、タックスヘイブンの実情を描いた最新刊、『税金亡命』の著者でもある佐藤氏が、本連載で実情を語る。

富裕層の節税の基本は、
「差」を利用すること

 ストックを擁する富裕層のうち、現役でフローを稼ぐ人たちがいる。フローの税対策(主として所得税)の場合、いろんな「差」を利用することが重要になる。

所得区分による「差」

 日本の所得税は、所得が高くなるほど税率が高くなる、「超過累進税率」を採用している。所得を事業や給与など10種類に区分して、区分した所得ごとに計算して、それぞれの所得金額を「合計」した額に累進税率を乗ずる。これは総合課税と言われるもの。

 総合課税のほかに、申告分離課税(本人の所得に関係なく定率課税)となるものや源泉分離課税(源泉徴収だけで課税が完結する)などがある。

 総合課税の最高税率は55%(うち住民税10%)、申告分離なら20%(うち住民税5%)となるので、仮に最高税率の富裕層なら、総合課税ではなく申告分離で済むような「出口戦略」が必要になる。同じ金額で35ポイントも差が出るので、当然に手取り額に大差が出る。

 総合課税の所得でも、一時所得や退職所得にすれば大幅な「控除額」が認められるので、スキーム策定に当たっては富裕層が最後(課税時期)に手にする金を見極めて行われる。

国による税率の「差」

 税は国による専権事項である。世界の所得税を見ても税率には差がある。ただ、所得に対する税負担率は、社会保険料を加えて比較しないと本当の意味での税負担率は見えないと思う。そうはいっても、所得にダイレクトに課税される所得税率は影響が大きく、富裕層の究極の所得税節税は「国と国との税率差」を利用したものになる。

 タックスエグザイル(税金亡命)とでも呼べばいいのか。日本居住者を捨てて(国籍は関係ない)、外国居住者となることにより、日本の所得課税から逃れることを選択する富裕層がいる。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


佐藤弘幸(サトウヒロユキ)

1967年生まれ。東京国税局課税第一部課税総括課、 電子商取引専門調査チーム(現在の統括国税実査官)、統括国税実査官(情報担当)、 課税第二部資料調査第二課、同部第三課に勤務。 主として大口、悪質、困難、海外、宗教、電子商取引事案の税務調査を担当。 退官までの4年間は、大型不正事案の企画・立案に従事した。 2011年、東京国税局主査で退官。現在、税理士。


税金亡命

国税最強部門、「資料調査課」出身の著者が語る
知られざるタックスヘイブンの真実とは?
パナマ文書の真相、富裕層の税金対策、
ハンドキャリーによるキャピタル・フライト、
金融システムを活用した脱税資金の出口戦略などなど、
オフショア利用者の「常識」が明らかに!

「税金亡命」

⇒バックナンバー一覧