ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『ヒクソン・グレイシー 無敗の法則』出版連動企画
【第4回】 2010年10月14日
著者・コラム紹介バックナンバー

400戦無敗!伝説の格闘家
ヒクソン・グレイシー SPECIAL INTERVIEW(4)
「自分の幸せのために闘う
“モダンなサムライ”となれ」
~『ヒクソン・グレイシー 無敗の法則』(ダイヤモンド社)出版連動企画

1
nextpage

全4回のシリーズでお届けしてきたヒクソン・グレイシーへのインタビューも、ついに最終回です。伝説の格闘家が語る人生の目標とこだわり、そして日本人へのメッセージとは?(聞き手/ダイヤモンド社書籍編集局)。

ヒクソン・グレイシー(Rickson Gracie)
1959年11月21日生まれ。ブラジル出身。柔術家。総合格闘技の歴史にその名を刻む「グレイシー柔術」最強の使い手として知られる。初来日時に付けられた「400戦無敗」というキャッチフレーズはあまりにも有名。現役時代は並み居る強豪を次々と撃破し、総合格闘トーナメント「バーリ・トゥード・ジャパン・オープン」では2年連続優勝という偉業を達成(1994年、1995年)。その後、高田延彦、船木誠勝といったプロレス界のスーパースターにも完勝し、その強さは日本の格闘ファンのみならず、様々なメディアを通して広く一般にも知られることとなった。2008年2月に一般社団法人 全日本柔術連盟(JJFJ)を設立し、初代会長に就任。現在は後進の育成と共に、グレイシー柔術の普及に尽力している。 Photo by Takahiro Kohara

――あなたは、もう二度とリングに立つことはないのでしょうか。

 プロとしての試合はもうするつもりはない。

 格闘家としての人生には一区切りがついたが、今は以前よりもものすごくエキサイティングな毎日を送っている。また、いろんな目標もある。

 私は、もう50年くらいは生きるつもりだ(笑)。だからこれからも注目してほしい。

――「エキサイティングな毎日」とは?

 一番愛するものを優先して生きている、と言えばいいだろうか。

 まずひとつ目は、何か人のために役に立てるかどうか。ひとりでも多くの人に、いい見本となるような活動がしたいということ。

 もうひとつは、自分自身のライフスタイルだ。いい仕事をするために、また人に良い影響を与えるために、自分の生活をつくっていかなければいけないと思っている。

 その活動の中心となるのは、やはり「柔術」だ。

 これからは、競技の柔術はもちろんだが、護身術の柔術も広めていきたい。私にとって柔術は、選手時代と同じくらい、もしくはそれ以上に、幸せをもたらしてくれるものになっているのだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
再起動 リブート

再起動 リブート

斉藤徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年12月

<内容紹介>
僕は4回死に、そのたびに復活した。 波瀾万丈のベンチャー経営を描き尽くした真実の物語。 バブルに踊ろされ、金融危機に翻弄され、資金繰り地獄を生き抜き、会社分割、事業譲渡、企業買収、追放、度重なる裁判、差し押さえ、自宅競売の危機を乗り越え、たどりついた境地とは

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、1/8~1/14)


注目のトピックスPR



『ヒクソン・グレイシー 無敗の法則』出版連動企画

400戦無敗・伝説の格闘家として、世界中にその名をとどろかせる、ヒクソン・グレイシー。彼が無敵を誇るようになった背景には、どのような考え方があり、いかなる原動力が働いていたのか。初の著書となる『ヒクソン・グレイシー 無敗の法則』(ダイヤモンド社)でも語られた、日本人や柔術への想い、闘うことをやめた理由、そしてこれからの人生や夢について……。全4回にわたって迫っていく。

「『ヒクソン・グレイシー 無敗の法則』出版連動企画」

⇒バックナンバー一覧