ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週のキーワード 真壁昭夫

リオ五輪の際どい開幕に思う、東京五輪を成功させる意義

真壁昭夫 [信州大学教授]
【第441回】 2016年8月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「開会に間に合って良かった」
かなり際どかったリオ五輪

 8月5日、リオデジャネイロ・オリンピックが開幕した。連日、日本選手の健闘が伝えられる中、ブラジル在住の商社員の一人は「会場が開会に間に合ってよかった」と言ってほっとしていた。それほど際どかったようだ。

 オリンピックを開催することは、その国の経済を活性化させる大きなチャンスだ。競技場の設営などインフラ整備が進められることは、公共事業の増加などを通して成長を支える。

 他国の選手団の迎え入れや競技運営のためには、多くの企業、国民の理解と協力が不可欠だ。それは、「皆でオリンピックを成功させよう」という一国全体の連帯感や団結を生み、前向きな心理を社会全体に浸透させることにもつながる。

 ただ、今回のリオ・オリンピック開幕前のブラジルの経済・政治情勢を見ると、かなり厳しい状況に追い込まれていたと言える。経済成長がマイナスに落ち込み、治安の悪さや政治の混乱などが目立った。

 わが国でも2020年に東京オリンピックが開催される。ここで考えておきたいことは、何をもってオリンピックの“成功”を評価するかだ。端的に言えば、オリンピックが無駄なく効率的に進むことはもちろん、社会全体のまとまりや団結をも引き上げられたなら、それは成功と呼んでいいはずだ。

 今から42年前、東京でオリンピックが開催された。当時のわが国では高速道路や新幹線が整備され、国全体にエネルギーが満ち溢れていた。オリンピックを一つのきっかけに、わが国は高度経済成長期へとなだれ込んでいった。今となっては、古き良き時代だった。

中国経済の減速が原因となった
ブラジル経済の低迷

 先述した通り、近年のオリンピックの中でも、リオ・オリンピックはかなり厳しい状況で開幕したといえる。開会式に参加した各国首脳の数はロンドン・オリンピックの半分程度と言われ、世界最大のスポーツの祭典としては何とも寂しい。

 その背景として、ドーピング問題の影響を指摘する識者もいるが、開催国ブラジルの政治・経済の問題が大きく影を落としていることは間違いない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

真壁昭夫 [信州大学教授]

1953年神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。ロンドン大学経営学部大学院卒業後、メリル・リンチ社ニューヨーク本社出向。みずほ総研主席研究員などを経て現職に。著書は「下流にならない生き方」「行動ファイナンスの実践」「はじめての金融工学」など多数。


今週のキーワード 真壁昭夫

経済・ビジネス・社会現象……。いま世の中で話題となっているトピックス、注目すべきイノベーションなどに対して、「キーワード」という視点で解説していきます。

「今週のキーワード 真壁昭夫」

⇒バックナンバー一覧