ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
福井エドワードのINSIDEグリーン革命

日本はオバマの“グリーンニューディール”で花開く環境技術の商機を逃すな!

福井エドワード
【第1回】 2009年4月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

金融危機そしてビッグスリー救済問題への対応に追われ、このところ防戦一方のイメージが強いオバマ政権だが、選挙時の公約である“グリーンニューディール”政策の実行を怠っているわけではない。筆者は、米国発のグリーン革命は正真正銘の本物であると思う。環境技術の革新に長けた日本企業が、この千載一遇の商機を逃す手はない。

 欧米では、この2年ほど、「クリーンテクノロジー」や「グリーンビジネス」の分野に巨額の資金が流れ込み、新規企業の設立が相次いでいる。ところが、日本では、環境ビジネスに対する投資が盛り上がっている状況はいっこうに観察されない。

 残念ながら、日本で、環境やエネルギー分野にフォーカスした投資ファンドを運用しているファンドマネージャーは、筆者の知る限り4社しかない(プライベートエクイティ=PEの分野で)。しかも、そのうちの3つのファンドはこの半年以内にようやく組成されたばかりのものだ。

 また、ファンド金額も合計で300億円にすぎない。2008年一年間で、アメリカでは8000億円もの大金が、PEおよびVCによって環境・エネルギー分野に投じられたことに比べると、悲しいぐらいの差があると言えよう。

 ただ、改めて指摘するまでもないが、資金の流れに関するこの彼我の差は、日米の技術格差と表裏一体ではない。それどころか、日本は環境技術の宝庫であり、企業レベルでも個人レベルでも環境対応は他国よりもはるか昔から取り組まれてきたテーマだ。資金流の格差を嘆く前に、日本の役割分担を現実的に解釈するならば、それは世界への環境技術の輸出ということであろう(穿った見方をすれば、国内の需要がすでに飽和気味であるからだが)。

 この単純明快な事実に着目したが故か、最近増えているのが、時流や商機を読むに長けた海外、特に米国のプレーヤーたちによる日本国内でのセミナーや商談会である。

米国発グリーン革命の波及効果で
アジアの環境ビジネスも激変へ

 たとえば、2月6日には、米国の大手法律事務所のホワイト&ケースが東京で「Looking Over The Horizon」と題したクリーンエネルギーのセミナーを開催した。参加した日本企業は120社を超えた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

福井エドワード

ブラジル・サンパウロ生まれ。幼少を米国シアトルで過ごす。東京大学法学部卒。イェール大学 MBA。建設省(現・国土交通省)、米大手VCのアクセルパートナーズ(サンフランシスコ)、みずほ証券投資銀行グループ等を経て、2004年からプライベートエクイティ投資コンサルティング会社ルビーインベストメントリサーチ。国内外の人脈を生かし、環境・エネルギー分野で精力的な活動を展開している。1月に発足した低炭素経営研究会の幹事も務める。現在参加企業を募集中。
◎同研究会に関するお問い合わせはこちら


福井エドワードのINSIDEグリーン革命

オバマ政権の“グリーンニューディール”で、世界の環境ビジネスは飛躍のチャンスを得た。環境技術大国の日本がこの機を逃す手はない。環境投資の最前線で活躍する筆者が、商機の在りかを探る。

「福井エドワードのINSIDEグリーン革命」

⇒バックナンバー一覧