ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
高橋洋一の俗論を撃つ!

チケット転売、経済学的には主催者側に責任がある

高橋洋一 [嘉悦大学教授]
【第151回】 2016年8月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

23日に共同声明が発表された
チケットの高額転売問題

 筆者は、大学で経済学を教えている。授業のネタには、もってこいの題材を見つけた。

 8月23日、一般社団法人日本音楽制作連盟(音制連)、日本音楽事業者協会(音事協)、コンサートプロモーターズ協会(ACPC)、コンピュータ・チケッティング協議会の4団体が「チケット高額転売取引問題の防止」を求める共同声明を発表した(http://www.tenbai-no.jp/)。その声明には、国内アーティスト116組の賛同が加えられていた。

 CDをはじめとする音楽ソフトの売上は減少傾向であるが、ライブやフェスなどは、音楽をリアルに体験できるとして入場者数は増加傾向になっている。有名なアーティストのコンサートはチケットを購入するのも至難の業であり、発売当日のネット予約には購入したい人が殺到する。

 その結果、コンサートによってはチケットを購入できない人も出てくる。そこで、ネット上でのチケット転売ビジネスが出てくる。かつてはダフ屋がやっていたことと似ているところもあるが、良心的な業者もいる。

 チケット転売での問題として、次のようなことが言われている。(1)チケットを買い占めて、転売して不当な利益を上げている、(2)チケット買い占めによってファンが正規料金で購入できない、(3)転売チケットを購入したファンが入場拒否される。

 そこで、冒頭のような「転売NO」という声が出てくる。転売防止のために、顔認証などのシステムが導入され始めている。

 こうした問題について、経済学ではどう考えるのだろうか。これが経済学授業のネタというわけだ。

「需要」と「供給」のバッテン図で
チケット転売の経済学を考える

 ジョークで「経済学者は需要と供給という言葉を覚えていればなんとかなる」というものがある。これはある意味で正しい。多くの経済問題への処方箋は、需要と供給の図(例のバッテンの図)を応用すれば、出てくるのは事実だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高橋洋一[嘉悦大学教授]

1955年、東京都に生まれる。東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。1980年、大蔵省入省。理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、内閣府参事官(経済財政諮問会議特命室)、総務大臣補佐官などを歴任したあと、2006年から内閣参事官(官邸・総理補佐官補)。2008年退官。金融庁顧問。2009年政策工房を設立し会長。2010年嘉悦大学教授。主要著書に『財投改革の経済学』(東洋経済新報社)、『さらば財務省』(講談社)など。

 


高橋洋一の俗論を撃つ!

元財務官僚の経済学者・高橋洋一が、世にはびこるもっともらしい「俗論」の過ちをズバリ解説。

「高橋洋一の俗論を撃つ!」

⇒バックナンバー一覧