ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本人がグローバル資本主義で生き抜くための経済学入門

日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門
もう代案はありません

『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』で、投資とマネーの真実を身もふたもなく暴いてくれた藤沢数希が、世界経済の解説に挑戦した『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』。その読みどころを全5回(予定)の連載で紹介。 政府か市場か、などという陳腐な議論は世界ではとっくの昔に終わっているというのに、いまだに資本主義がどうのこうのという人たちの本に時間を割く必要はありません。日本人が世界で生き残るためには、何を学び、何をすべきか?外資系金融機関で活躍する著者が本当に役立つ経済学のエッセンスを教えます。

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「日本人がグローバル資本主義で生き抜くための経済学入門」の全記事一覧
  • 第5回 「金融」と「市場」こそ
    既得権益と戦うための武器である 

    [2011年11月14日]
    資本主義か社会主義か、政府か市場か、などという議論は世界ではとっくの昔に終わっています。歴史の中でこれほどはっきりと決着がついた論争は他にありません。しかし、にもかかわらず、資本主義社会で成功した人ほど、社会主義的な主張をすることがあります。それはなぜなのでしょうか?

  • 第4回 野田首相! 増税するなら消費税です! 

    [2011年11月07日]
    この記事を執筆した11月2日の夜、野田首相はG20首脳会議に出発しました。消費税を2010年代半ばまでに10%に引き上げることを表明し、巨額の財政赤字からの脱却をアピールするようです。この方針は経済学的視点からみてもまったく正しいものです。今回はその理由を詳しく解説しましょう。

  • 第3回 グローバリゼーションで貧乏人は得をする 

    [2011年10月31日]
    政治、文化、そして経済が世界規模で一体化していくグローバリゼーション。豊かな国に生まれたわれわれからすれば、賃金の低下や失業、格差拡大といった影響が気になるところです。実際、多くの先進国で反対運動が起きています。しかし、それは果たして「道義的に正しい」ことなのでしょうか?

  • 第2回 経済学では否定されている
    「市場原理主義」 

    [2011年10月24日]
    「市場」について正しく知ることは、経済を語るうえで不可欠です。しかし、なぜか少なくない日本人が、まっとうな経済学を市場原理主義と結びつけて批判したりしています。市場経済の申し子である外資系金融機関で活躍する著者が語るのは、意外にも「市場の失敗」をふまえた経済学のクールな結論です。

  • 第1回 経済学の常識からみると
    派遣社員の賃金は正社員より高くすべき 

    [2011年10月17日]
    経済学の定義を一言でいえば、「国民を豊かにするための最適な資源配分を考える学問」です。この連載では、金融の第一線で活躍する著者ならではの視点で、経済学が今日本を取り巻く問題に対してどのような答えを出しているのかを紹介していきます。第1回は、日本の労働市場と解雇規制についてです。

ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、9/11~9/17)


注目のトピックスPR