ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
現代人に突きつけられた「うつ」というメッセージを読み解く

今日急増している「うつ」は、もはや特定の個人の問題と捉えるだけでは十分ではない。現代人が知らず知らずに翻弄されているものの正体は何か。前連載に引き続き、気鋭の精神科医が豊富な臨床経験をもとに読み解く。

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「現代人に突きつけられた「うつ」というメッセージを読み解く」の全記事一覧
  • 第12回 本当に正常なのは誰だ?
    ―社会に適応したマジョリティと心に正直なマイノリティ 

    [2010年03月04日]
    ――あんな非人間的な満員電車に、どうしてみんなは平気で乗っていられるんでしょう? 満員電車のギュウギュウ詰めは、パーソナルスペースを侵害されています。でもみなさんさほど苦に感じている様子がありません。感性の鈍磨していない人が吐き気を伴う不快感に襲われても不思議はないでしょう。私たちは、苦に思わないことを「正常」と呼ぶべきなのでしょうか。

  • 第11回 人間はもともと、邪悪で怠惰な存在なのか?
    ――「自己コントロール」のわな 

    [2010年02月18日]
    朝起きられず遅刻してしまう。復職してもまた出社できなくなる。このような症状は「自己コントロール」ができていないと捉えられがちだ。だが、人間とはそもそも「自己コントロール」しなければならないのか。

  • 第10回 「自己主張」で排除されてしまう
    ―周りに「どう思われるか」ばかり気にする「ムラ的共同体」 

    [2010年02月04日]
    自分という「主体」が持てない人々の問題については、これまでも取り上げてきました。しかし、「主体」を持っているがゆえに理不尽な扱いを受けてしまう人々もいます。また、そのことが原因で、本人も「自分がおかしいのではないか」と疑いはじめ、その結果、「うつ」状態にまで追いこまれてしまうケースも稀ではありません。今回は私たちの属する組織や集団の体質や、それが私たちの生き辛さとどう関係しているか考えたいと思います。

  • 第9回 食事に“美味しい”は要らない?―ガソリン補給のためだけに食べる人々 

    [2010年01月21日]
    食事は私たちの生活の基盤をなすものですが、食生活にはその人の生活の様子が如実に反映してくるものです。毎日同じものを食べるなど、ガソリン補給のように「美味しさ」を求めずに「ただ食事をする」という人も案外少なくありません。今回は、食生活という観点から、現代人が陥りがちな不自然な状態について検討してみたいと思います。

  • 第8回 「結果」のみを求める成果主義―効率優先で失われる「質」の問題 

    [2010年01月07日]
    成果主義という人事評価システムが日本でも導入され、今日では多くの企業や組織でも用いられています。「タテ社会」の生んだ年功序列制の不公平感や理不尽さを払拭する合理的な方法として歓迎される一方、このシステムの問題点についても活発に議論されるようにもなってきました。生産率や効率性など「結果」を求めすぎて「質」を忘れがちになってしまっている人が多いようです。今回は、成果主義というシステムが人間の精神に及ぼすさまざまな影響について、掘り下げて考えてみたいと思います。

  • 第7回 マニュアルがないと何もできない――「自分で考える」力のない人々 

    [2009年12月24日]
    マニュアルは覚えられるのに、マニュアルのないことにはお手上げ。最近、いろいろな組織の中で、「自分で考える」力のない人が増加していることが問題になっているようです。「記憶力が良い」=「頭が良い」と思われがちですが、このように偏った「頭」の使い方ばかりしているうちに、「自分がわからない」といった行き詰まりに陥ってしまったケースが少なからず存在します。そこで今回は、「人間らしい思考力とはどういうものか?」というテーマについて考えてみたいと思います。

  • 第6回 何をやっても長続きしないのはなぜか?
    ――真のモチベーションを取り戻すプロセス 

    [2009年12月10日]
     ――私は、何をやっても長続きしないんです。若い世代を中心に、このような悩みを訴える方が少なくありませんが、特に自己愛(自分自身を愛すること)がうまくいっていない方たちによく見られる悩みでもあります。大概は、いわゆる「良い子」的な従順さと勤勉さの持久力を生んでいた「かりそめのモチベーション」であり、本人の意思に根差した「真のモチベーション」がつかめなくなってしまっているのです。

  • 第5回 「適応」することが正常?
    苦痛も喜びも麻痺してしまう精神的「去勢」 

    [2009年11月26日]
    近年、報道により広く認知されるようになった「適応障害」は、ストレスに満ちた環境が原因で、抑うつや不安が生じ、仕事や学業に支障を来たします。今回は「適応」とは何かについて、掘り下げて考えてみます。

  • 第4回 将来のリスクばかり考えて「今」を楽しまないことの害悪
    ――安定志向が「ウツ」を引き起こす 

    [2009年11月12日]
    私たちは、「将来に備えて……」「もしものために……」といったフレーズが日常的に飛び交う中で暮らしています。しかし、このように将来への不安を回避しようと安定を志向するとき、人間は「今を生きる」ことから遠ざかってしまうという大きなジレンマを抱えてしまいます。今回は、このような安定や安全を志向する価値観に潜む問題点について考えてみたいと思います。

  • 第3回 「眠れない」とはどういうことか?――人は毎日生きて、毎日死ぬ ――自分が本当は何がしたいのかわからない。

    [2009年10月29日]
    「なかなか寝つけない」「寝ても眠りが浅くて、疲れがとれない」「寝よう寝ようと思うと、よけい眠れなくなってしまう」…このような不眠症状は、「うつ」状態においてはもちろんのこと、精神的なバランスが乱れた場合に生じてくる、かなりポピュラーなものです。今回は、このように通常行なわれている薬物療法で見落とされがちなポイントについて、つまり、不眠という状態をどう捉えるべきなのか、不眠という症状からどんなメッセージが受け取れるのかといったことを考えてみたいと思います。

  • 第2回 夏目漱石は「自分がない」空虚な状態からどう脱したのか?――「自己本位」の発見 ――自分が本当は何がしたいのかわからない。

    [2009年10月15日]
    今の社会では、幼い頃から「やらなければならないこと」を休みなく課せられてくることが多く、なかなか、ゆっくりと「やりたいこと」に思いを巡らす余裕が与えられていません。人々の多くは、「自分は何をしたいのか?」「これは本当に自分がやりたいことなのか?」といった問いを持つこと自体に、不慣れになってしまっているようです。しかしながら、このように「主体」を見失ってしまったという悩みは、現代人のみに見られる新しいテーマというわけではありません。今回は、この苦悩に直面した代表的な人物として夏目漱石を参考にしながら、現代の私たちが、失われた「主体」をいかに回復できるかという問題について考えてみたいと思います。

  • 第1回 「恵まれているはずなのに、何を悩むことがあるんだ?」
    ――世代間ディスコミュニケーションの背景にあるもの 

    [2009年10月01日]
    最近では社会的にもメンタルヘルスへの意識が高まっているが、依然として「うつ」に陥った人を取り巻く人間的環境は、まだまだ不十分。とりわけ、世代間のディスコミュニケーションが「うつ」についての無理解が生んでいる。――何不自由なく恵まれているはずなのに、何を悩むことがあるんだ? このような価値観を持つ上の世代から見れば、現代の若い世代の「うつ」の状態や引きこもり、ニートなどの状態は、まったく理解不能ということになるでしょう。今回は、このような世代間ディスコミュニケーションの背景に何があるのかということを、掘り下げて考えてみたいと思います。

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事