ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
入門 考える技術・書く技術【スライド編】

世の中には、自己流スライド/パワポがあふれかえっています。カラフルな図や画像、3D化されたグラフ、動画……ビジュアル作成のテクニックはどんどん進化していますが、無駄が多い、結局何が言いたいのかがわからない、というのが意思決定者や上司の典型的な感想です。
スライド・レポートで重要なのは見映えではありません。内容、つまり、伝えたい「考え」を明確に組み立てることです。バーバラ・ミントのピラミッド原則を使った「ロジカルで説得力のある」スライド/パワポづくりのコツを教えます。
 

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「入門 考える技術・書く技術【スライド編】」の全記事一覧
  • 見た目重視のスライドでは
    なぜ説得力がないのか<下> 

    [2016年11月22日]
    バーバラ・ミントの「ピラミッド原則」といえば、世界の一流コンサルタントが必ず学ぶ論理思考・文書ライティングのバイブルです。昨今では、プレゼンやリポートで、スライドやパワポを使用するケースが増えてきています。ピラミッド原則をスライドで使うにはどうしたらよいか、との疑問に答え、『入門 考える技術・書く技術【スライド編】』が登場しました。待望の新刊より、内容の一部を紹介します(最終回)。

  • 第1回 見た目重視のスライドでは
    なぜ説得力がないのか<上> 

    [2016年11月21日]
    カラフルな図や画像、3D化されたグラフ、動画……ビジュアル作成のテクニックはどんどん進化していますが、読み手の立場で見てみると、どうでしょうか。無駄が多い、結局何が言いたいのかがわからない、というのが意思決定者や上司の典型的な感想です。 スライド・レポートで重要なのは見映えではありません。内容、つまり、伝えたい「考え」を明確に組み立てることです。

ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR