Photo:iStock

発売1カ月で5万部を突破した入山章栄氏の最新刊『世界標準の経営理論』。800ページを超え、約30の経営理論を網羅する大作であるが、章ごとに完結しているため、どこから読んでも良い。いわば辞書のような利用こそが、本書を最大活用する方法の1つだ。

今回は、市場環境に焦点を当てるSCP理論(structure-conduct-performance)と、企業のリソースに焦点を当てるRBV(resource based view)は、実際どのように活用すべきかを解説する。いずれも完全競争から独占の環境に事業をシフトすることでビジネスを強固にするというものではあるが、活用すべき理論の選択のためには「競争の種類」を見極める必要がありそうだ。

入山章栄(いりやま・あきえ)
早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授
慶応義塾大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科修士課程修了。 三菱総合研究所で主に自動車メーカー・国内外政府機関への調査・コンサルティング業務に従事した後、2008年に米ピッツバーグ大学経営大学院よりPh.D.を取得。同年より米ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネススクールアシスタントプロフェッサー。 2013年より早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)准教授。2019年から現職。Strategic Management Journal, Journal of International Business Studiesなど国際的な主要経営学術誌に論文を発表している。 著書に『世界の経営学者はいま何を考えているのか』(英治出版)、『ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学』(日経BP社)がある。
Photo by Aiko Suzuki

完全競争から独占のためSCP理論は市場にRBVはリソースに焦点

 前回までは、競争戦略の代表理論であるSCP理論とRBVを紹介している(※1)

 両理論は共に経済学の視点から来ており、どちらも「完全競争から、独占の方向に自社の競争環境・強みを持っていくことが望ましい」とする点では共通している。しかし、前者はそのために製品・サービス市場でのポジショニングや業界構造を考えるのに対し、後者はその製品・サービスを生み出すための経営資源(リソース)に注目する。その意味では、表裏のような関係にあるとも言える。

 さて、第1章から前章までを読み通した方の中には、以下の疑問に思い当たる方が多いのではないだろうか。それは、「結局のところ、SCPとRBVのどちらが重要なのか」という問いである。

 この問いは、日本でも以前から議論されている。例えば、いまから20年近く前の2001年に『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』(DHBR)が、まさにこの疑問をテーマとした特集を組んで話題を呼んだ。

 執筆陣には、当のポーターとバーニーや、スタンフォード大学のスター教授キャスリーン・アイゼンハートらが並んだ。実は当時20代で経営学に関心を持ち出した筆者が同誌を初めて買ったのもこの号で、興味深く読んだのをいまでも覚えている。ではそれから20年近くたった現在、この問いにどのような答えが出ているか解説していこう。

SCPかRBVか、という古い議論は誰もしていない

 とはいうものの、実は現在の筆者はこの問いそのものに違和感を覚えている。先のDHBR特集号を読んでから2年後に、筆者は米国のPh.D.(博士)課程に留学し、以来10年間米国で経営学を学び研究してきた。そのなかで、この「SCPか、RBVか」「ポーターか、バーニーか」という議論は、一度もしたことがないのだ。Ph.D.の授業でもこの話題は出なかったし、この問いに答える論文を読んだこともない。念のために、米国時代の研究者仲間にこの点を尋ねてみたが、「SCPとRBVの優劣? そんな古い議論(classical debate)は、もう誰もしていないよね」という答えが返ってきた。

 なぜ“classical debate”なのか。理由は簡単だ。もう経営学では決着がついているからだ。本章では、その決着を2つの側面から議論しよう。第1の点は極めてシンプルだ。それは「SCPもRBVも、両方大事」というものだ。

決着1:両方とも重要

 言われてみれば、これほど当たり前の答えもない。企業の戦略にとって、顧客に接する「表側」の製品・サービスの戦略は重要だし、他方で人材・技術・ブランドなど「裏側」の経営資源を充実させることも重要なはずだ。

 第2章を読んだ方は、そこで紹介したCOVという定量分析を使った一連の研究を思い出していただきたい。COVは、「企業の収益性はどの要素で説明できるか」を定量的に計測する手法だった。そして近年の多くの研究では、産業属性の効果(=どの産業に属しているか)と、企業固有の効果のどちらもが、収益性に貢献することが示されている。例えば、ポーターとカナダ・トロント大学のアニータ・マクガハンが1997年に『ストラテジック・マネジメント・ジャーナル』に発表した研究では、1985年から1991年の米国企業約5万8000のサンプルでCOV分析を行い、説明できる企業利益率のばらつきのうち産業属性効果が4割で、企業固有の効果は6割となっている(※2)

 第1章で述べたように、ジョー・ベインらが発展させた「経済学のSCP」やポーターの「ファイブ・フォース分析」の背景には、「産業属性が収益性に影響を与える」という考えがある。他方で、RBVは個別企業の経営資源に注目しているから、「企業固有の特性が収益性に貢献する」という考えに基づいている(第2章で紹介したポーターの「ジェネリック戦略」も、企業効果の重要性を示唆している)。

 さらに第3章で紹介したように、企業リソースが業績に及ぼす影響についても統計分析を使って多くの実証研究が行われ、その約半数はRBVを支持する結果となっている。これらを総括すると、「SCP的な要因とRBV的な要因の両方が収益性に寄与する」というのが、現在の経営学者の総論なのはほぼ間違いない。