財務・会計 サブカテゴリ

最新順 記事一覧

日本版コーポレートガバナンス・コードで企業経営は生まれ変わるか?

日本版コーポレートガバナンス・コードで企業経営は生まれ変わるか?

ダイヤモンド・オンライン編集部
2015年6月の適用開始が予定される、日本版コーポレートガバナンス・コード。政府はこの試みが、経営者のマインドを変革し、日本企業の成長力を上げ…
会計理論をあざ笑うヤフーの業績を斬る(下)

会計理論をあざ笑うヤフーの業績を斬る(下)

高田直芳
本連載も今回が最終回である。連載の締めくくりは、ヤフーの業績を斬る。同社は、完全競争市場と独占市場の中間形態の「独占的競争市場」に位置する。こ…
会計理論をあざ笑うヤフーの業績を斬る!(上)

会計理論をあざ笑うヤフーの業績を斬る!(上)

高田直芳
本連載も今回が最終回である。連載の締めくくりは、ヤフーの業績を斬る。同社は、完全競争市場と独占市場の中間形態の「独占的競争市場」に位置する。こ…
アベノミクスに踊らされたハウスメーカーの苦悩(下)

アベノミクスに踊らされたハウスメーカーの苦悩(下)

高田直芳
アベノミクスや黒田バズーカによって、どれほどの低金利が実現されようとも、消費税率8%という高金利は尋常ではない。今回は、政府という名の「高利貸…
アベノミクスに踊らされたハウスメーカーの苦悩(上)

アベノミクスに踊らされたハウスメーカーの苦悩(上)

高田直芳
アベノミクスや黒田バズーカによって、どれほどの低金利が実現されようとも、消費税率8%という高金利は尋常ではない。今回は、政府という名の「高利貸…
証券業界の固定費、手数料の通念を疑え!(下)

証券業界の固定費、手数料の通念を疑え!(下)

高田直芳
投資において、どこの証券会社を利用するかは、投資損益に全く影響しない。インターネットの普及で立地という差別化条件も存在しない。そのため証券業界…
証券業界の固定費、手数料の通念を疑え!(上)

証券業界の固定費、手数料の通念を疑え!(上)

高田直芳
投資において、どこの証券会社を利用するかは、投資損益に全く影響しない。インターネットの普及で立地という差別化条件も存在しない。そのため証券業界…
肥大化するNTTを、もはや誰も止められない コスト削減活動が「徒労に帰す」これだけの理由

肥大化するNTTを、もはや誰も止められない コスト削減活動が「徒労に帰す」これだけの理由

高田直芳
マンキュー教授によれば「企業は独占的競争において過剰生産力を持つ」。これは「独占的競争企業は、操業度不足を永遠に解消できない」という意味に置き…
戦艦大和のコスト管理手法が税金を食い散らかす!国立大学病院で会計システムがお蔵入りしたワケ

戦艦大和のコスト管理手法が税金を食い散らかす!国立大学病院で会計システムがお蔵入りしたワケ

高田直芳
HOMASは、診療科別や検査部門別の原価計算や損益要因分析などを行なうシステムであり、2005年度までに41の大学病院が導入している。ところが…
増税で混迷のヤマダ、ビック、エディオン、ケーズ 倒産確率デフォルト方程式などの独自分析で斬る!

増税で混迷のヤマダ、ビック、エディオン、ケーズ 倒産確率デフォルト方程式などの独自分析で斬る!

高田直芳
今回は、本連載でいつ登場させようかと迷っているうちに、145回目になってようやく登場させることになった「倒産確率デフォルト方程式」の話である。…
就活生に人気の東京海上や三井住友海上 保険よりも株高円安で稼ぐビジネスモデルへ変貌か

就活生に人気の東京海上や三井住友海上 保険よりも株高円安で稼ぐビジネスモデルへ変貌か

高田直芳
筆者はゴルフのホールインワン保険に加入しているが、今回はそのホールインワン保険の「手数料負け」に多少の恨みを抱きつつ、損害保険業界を扱う。本連…
円安で泣く者、嗤う者――。日立製作所とセブン-イレブンの為替変動パニック度を測る

円安で泣く者、嗤う者――。日立製作所とセブン-イレブンの為替変動パニック度を測る

高田直芳
今回のお題は「円安の損得勘定」である。前世紀の産業構造が現在も引き継がれているのであれば、昨今の円安は、ニッポンの産業にとって「得」であったろ…
これも「ゴーン・マジック」なのか?3期連続で増収「減」益を繰り返す日産自動車の不可解

これも「ゴーン・マジック」なのか?3期連続で増収「減」益を繰り返す日産自動車の不可解

高田直芳
ニッサン(日産自動車)を扱うが、2014年4月以降の業績はパッとしない。そこで業績を遡って並べてみたところ、「おや?」と首を傾げる解析結果に出…
損益分岐点や限界利益は、暗愚が用いる指標なり 瑕疵ある理論からは瑕疵ある実務解しか導かれない

損益分岐点や限界利益は、暗愚が用いる指標なり 瑕疵ある理論からは瑕疵ある実務解しか導かれない

高田直芳
今年、『カンブリア宮殿』に出演したパーク24のビジネスモデルには舌を巻いた。しかし、同社の業績は伸び悩んでいる。今回も管理会計論や経営分析論で…
電通の決算書に隠された意図を読む よく働きよく遊ぶ人の稼働率はどれくらいなのか

電通の決算書に隠された意図を読む よく働きよく遊ぶ人の稼働率はどれくらいなのか

高田直芳
広告業界などのクリエイティブな世界は、「ヒトが資本」とよく言われる。では、今回とりあげる広告業界で圧倒的なシェアを誇る電通では、「ヒト」の稼働…
人材派遣会社テンプの「一人勝ち」となるのか パソナとともに陥る「囚人のジレンマ」

人材派遣会社テンプの「一人勝ち」となるのか パソナとともに陥る「囚人のジレンマ」

高田直芳
人材派遣会社では、他社との「差別化戦略」が図りにくく、勢い知名度に頼った戦略を採用することになる。そのため、薄利多売のビジネスモデルであること…
3期連続無配のシャープは復活したといえるのか?「在庫の積み増し」だけで増益を画策できる会計制度の罠

3期連続無配のシャープは復活したといえるのか?「在庫の積み増し」だけで増益を画策できる会計制度の罠

高田直芳
在庫の積み上げが「キャッシュを殺す」ことになるのは、いま述べたとおり。ところが、在庫の積み上げは、それを単に積み上げるだけで売上総利益や営業利…
ニフティのブランドはもはや通用しない?富士通に見るスクラップ・アンド・ビルドの必要性

ニフティのブランドはもはや通用しない?富士通に見るスクラップ・アンド・ビルドの必要性

高田直芳
パソコンは2005年で踊り場を迎えており、これ以降は成熟期に入った。富士通やNECに先見の明があったならば、この時期にニフティやビッグローブを…
管理会計が引き起こす粉飾決算――ドラッグストア業界は左から仕入れて右へ売るだけのビジネスモデルなのか

管理会計が引き起こす粉飾決算――ドラッグストア業界は左から仕入れて右へ売るだけのビジネスモデルなのか

高田直芳
今回は、ドラッグストア業界の決算データを拝借して、この業界で採用されているビジネスモデルの考察と、これに付随して、すべての上場企業で行なわれて…
ウォークマンやVAIOは「セミ・クラシック」と化すのか ソニーを襲う「ひとり負け」の構図

ウォークマンやVAIOは「セミ・クラシック」と化すのか ソニーを襲う「ひとり負け」の構図

高田直芳
今回扱うソニーについては、第115回コラムで「がんばれ、ソニー」と応援したのだが、どうにも旗色が悪い。2014年3月期は、三度も業績下方修正を…