小田原ドラゴンが漫画の合間にトレード!LINE FXでガッツリ収入増なるか!?
    

<Branded content>

小田原ドラゴンが漫画の合間にトレード!
LINE FXでガッツリ収入増なるか!?

2021年1月22日公開 【第3回】
<Branded content>
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

人気漫画家の小田原ドラゴンがLINE FXで久しぶりにトレードをスタート。まずは5万円入金し、1000通貨単位で売買することに。狙いを定めた通貨ペアは? そしてその成果は? さっそく彼のトレード体験記を見ていこう。

LINE FX実践編! 小田原ドラゴンがトレードを開始する!
1000通貨から取引できるLINE FXで小田原ドラゴンが選んだ通貨ペアは?
小田原ドラゴンがLINE FXで取引するのは南アフリカランド/円!
「LINE FX」口座開設はこちら!

LINE FXの専用アプリは使いやすい!
チャートを見ながらクイック注文もできる!!

 LINE FXの魅力はいつでもどこでもスマホでサクサク取引できること。FXは土日を除く毎日、ほぼ24時間売買可能なので、移動中でも外出先でもすぐに操作できるスマホとの相性がバツグンなのだ。

 発注もカンタン。小田原さんのようにレートから取引画面にいく方法もあるが、ぜひ使いこなしてほしいのが、チャートを見ながら売買できるクイック注文。アプリ下部にある「クイック注文」をタップし、画面右上のチャート表示をONに。すると、リアルタイムチャートとクイック注文画面が表示され(下図参照)、レートの動きを追いながら素早く発注できる。

 もちろんチャート上にはテクニカル指標を表示することも可能。メイン4種類、サブ7種類の指標が用意されていて、複数の指標を同時に表示することもできる。また、ローソク足の色を変えることもできるので、自分が1番しっくりくるチャートが作れるのだ。

トレードしやすいチャート+クイック注文!

 取引に慣れていない人は1000通貨から始めよう。まずは少額で売買し、アプリに慣れることが大事。最初は戸惑うかもしれないが、慣れればチャンスと思った時に素早く売買できる。また、じっくり分析して中長期スタンスのポジションを持つことも容易になるだろう。

LINE FXは多彩な注文方法がそろう!
複雑そうな注文もスマホでスイスイ!!

 LINE FXではクイック注文のほかに、「成行・ストリーミング」「指値・逆指値」「IFD」「IFD-OCO」「OCO」といった多彩な注文方法が用意されている。各注文方法の内容は以下を参照してほしい。

LINE FXの多彩な注文方法

注文方法

内容

成行注文

注文価格を指定せず発注する

ストリーミング注文

その時のレート(提示価格)を注文価格とし、即時に取引を行う

指値注文

価格が下がったら買い、上がったら売りと、注文価格を指定して発注する

逆指値注文

価格が下がったら売り、上がったら買いと、注文価格を指定して発注する

IFD(イフダン注文)

新規注文(一次注文)と決済注文(二次注文)を指定して発注する

OCO(オーシーオー注文)

指値と逆指値の両方を指定して発注する。片方が約定すればもう片方は自動的にキャンセルされる

IFD-OCO
(イフダンオーシーオー注文)

IFD注文の決済注文(二次注文)をOCO注文として発注する

 アプリ下部の「注文」をタップすると注文方法が選択できる。例えば「IFD-OCO」。新規注文と、決済注文を指値・逆指値の2通り予約できる機能で、注文から決済まで自動で発注できる。なんだか複雑そう…と思う人も多いだろう。しかし、下図のとおりLINE FXの発注画面はシンプル。ビギナーでも迷わず発注できるわかりやすさだ。注文の有効期限は当日、無期限、日付指定と、こちらも利便性の高い仕様になっている。

 レートを見ながらスピーディに取引したい人は前述の「クイック注文」か「成行・ストリーミング注文」を使い、しっかり戦略を練って取引するなら「指値・逆指値」「IFD」「IFD-OCO」「OCO」を使うのがいいだろう。決済注文を交えない方法で新規にポジションを持った場合も、利確や損切りの決済注文予約ができる。リスク管理にも優れているので、安心してトレードを続けられるのだ。

IFD-OCOもスマホで簡単に発注できる!
LINE FX専用アプリの注文画面からトレード!入力しやすいIFD-OCOの発注画面!
LINE FX専用アプリの注文画面からトレード!入力しやすいIFD-OCOの発注画面!

相場の急変時はLINE通知が届くから
利確や損切りタイミングを逃さない!

 為替レートはほぼ24時間動く。しかし、それをずっとウォッチしているのは不可能だ。保有している通貨ペアが大きく動いても、それに気がつかない場合もあり得る。

 そんな時、大いに役立つのがLINE通知機能。為替レートが急変した時、LINEで知らせてくれる。通知画面から「トレード」をタップすればアプリの取引画面に遷移する。予想どおりに動いたら利確するのもよし、逆方向に動いたら素早く損切りするのもよし。もちろん新規建てに活用するのもアリだ。

 このLINE通知機能は、LINE FXの公式アカウントから細かく設定できる。例えば、通知が届く基準となる変動率は0.01%~10%の間で設定でき、監視期間も1分、5分、15分、30分、60分から選べる。通知される通貨ペアも選択可能なので、欲しい情報だけ通知するようカスタマイズしよう。

為替が急変したらLINEで通知される!
LINEの通知設定はLINE FX公式アカウントのメニューから!
「LINE FX」口座開設はこちら!

小田原さんの希望どおりLINE FXにPCツールが登場!
カスタマイズ自由でトレードをサポート!!

 いつでもどこでも売買できるスマホアプリは本当に便利だが、小田原さんのようにPCでも取引できたらいいのにな…、と思っている人も少なくないはず。LINE FXではそんなユーザーの声に応えて、1月16日よりPC版取引ツールの提供を開始した。

 PCツールの初期画面には、レート、チャート、新規注文、建玉照会、さらに最新情報のヘッドラインが流れるなど、トレードに必要な要素が1画面に集約されている(下図参照)。これらは自由にカスタマイズできるので、自分の使いたいパーツのみ表示させることも可能。画面下部のタブを利用すれば、最大6つまでレイアウトを保存することができる。エクセルのシートタブと同様のイメージだ。

 また、画面の色は黒基調だけでなく、白基調のライトテーマも用意されている。ローソク足やチャートの補助ラインなどの色もカスタマイズ可能。視覚的にも自分の好みに合わせて設定できるというわけだ。

 利用するには、PCでLINE FX公式サイトにアクセス。ログイン後に「起動する」ボタンをクリック。または以下のURLを開くと直接PCツールを起動できる(https://pro.line-fx.com/)。インストール不要のブラウザ版なので、デバイスを変えても問題なし。もちろんスマホアプリと連携していて、スマホとPCを同時に使うこともできる。

必要な要素が集約されたLINE FXのPCツール!

見やすく使いやすい高機能チャート!
高度なテクニカル分析も自在にできる!!

 LINE FXのPCツールで注目したいのは高機能なチャートシステムだ。テクニカル指標は、トレンド系8種類、オシレーター系13種類(下表参照)とアプリより多彩。複数の指標を同時に表示できるので、より緻密な分析が可能だ。また、チャートから指値注文も出せる。画面右上の指値注文ボタンをクリックするとチャート上に水平線を引くことができ、そこをクリックすることで指値・逆指値注文が出せるのだ。なお、ローソク足はラインやバーにも変えられる。

 いくらで注文を出したか、建玉の約定レートなどをチャート上に表示することもできる。指定したラインまでレートが動いたらアラートで知らせてくれる機能もある。さらにそのアラート音までカスタマイズ可能。あったらいいな、を実現するチャートシステムといえるだろう。

高度な分析から取引まで! LINE FXの高機能チャート!!
LINE FXのテクニカル指標は全21種類!

※赤字はPCツールにしかないテクニカル指標

トレンド系(8種類)

オシレーター系(13種類)

単純移動平均線

指数移動平均線

加重移動平均線

ボリンジャーバンド

エンベロープ

一目均衡表

ピボット

パラボリック

MACD

RSI

ストキャスティクス

モメンタム

ATR

DMI

ヒストリカルボラティリティ

CCI

ウィリアムズ%R

Ultimate Oscillator

Aroon Oscillator

移動平均乖離率

サイコロジカルライン

LINE FXならではの活用術!
他の投資家に差をつけよう!!

 LINE FXのPC版ツールを使いこなせば、いろいろな分析やトレードができる。その一例を紹介しよう。例えば、米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円など、気になる通貨ペアのチャートを複数表示させ、チャンスと思ったら即トレードにつなげる方法。

 その際、チャートに引いたラインを、期間を変えてもキープできるという特徴もある。例えば、1時間足で引いたレジスタンスラインを5分足で見ると、まだそこまで達していないからトレードを待つ、といったイメージだ。

 また、例えば米ドル/円など1つの通貨ペアで5分足、30分足、1時間足、日足などローソク足の期間を変えて複数表示するのもアリだ。長期チャートで現在のレートの位置を見極め、短期チャートでエントリーを模索するなどの手法が簡単にできる。

 前述のとおり、LINE FXのPCツールにはエクセルのようなタブ機能があり、最大6つのレイアウトを保存できる。上記の画面を保存して、タブを切替えるだけですぐに見られるようにしておくとさらに便利。ちなみに、レイアウトは1分間隔で自動保存される他、タブを切替えたタイミングで保存される。

 LINE通知と連携するスマホ専用アプリ、より本格的なトレードが実現するPCツール。LINE FXなら投資家をサポートする多彩なサービスが用意されている。FX初心者も経験者も、ぜひLINE FXで新しいトレード生活を手に入れてほしい。

複数チャート表示で多彩な分析ができる!
LINE FXは通貨ペア別など複数チャートを作ることも可能!異なる通貨ペアを複数表示。気になる通貨ペアをウォッチするのに最適だ。(拡大画像表示)
LINE FXの複数チャート表示で収益アップを目指そう!ローソク足の期間を変えて複数表示。タブごとに通貨ペアを変えて保存もOK。(拡大画像表示)
「LINE FX」口座開設はこちら!
■LINE FXは1000通貨から少額取引が可能!

2020年12月19日よりLINE FXのスペックが大幅リニューアル。1000通貨から取引できるようになり、取扱い通貨ペアも13増えて全23通貨ペアに!

LINE FXの取扱い通貨ペアとスプレッド(AM9:00〜翌日AM3:00、原則固定・例外あり)*1

通貨ペア

スプレッド

通貨ペア

スプレッド

米ドル/円

0.2銭

豪ドル/米ドル

0.9pips

ユーロ/円

0.5銭

NZドル/米ドル

1.4pips

英ポンド/円

1.0銭

ユーロ/英ポンド

0.8pips

豪ドル/円

0.7銭

ユーロ/豪ドル

1.4pips

NZドル/円

1.2銭

英ポンド/豪ドル

1.4pips

カナダドル/円

1.5銭

ユーロ/NZドル

2.9pips

スイスフラン/円

1.6銭

英ポンド/NZドル

3.9pips

南アフリカランド/円

1.0銭

豪ドル/NZドル

1.9pips

メキシコペソ/円

0.3銭

米ドル/スイスフラン

1.5pips

トルコリラ/円

1.7銭

ユーロ/スイスフラン

1.6pips

ユーロ/米ドル

0.4pips

英ポンド/スイスフラン

2.6pips

英ポンド/米ドル

1.0pips

 

*1 原則固定スプレッドは各営業日「AM9:00~翌日AM3:00」の時間帯で提供(例外あり)。市場の急変時(震災などの天変地異・各国中央銀行の市場介入・その他外部要因)、市場の流動性が低下している状況(米国東部時間午後5時前後・年末年始・クリスマス時期など)や重要指標発表時間帯などにより、スプレッドが拡大する場合があります。

※通貨ペア・スプレッド一覧はこちらを参照

通常スプレッド(AM3:00~AM9:00、例外あり)*2

通貨ペア

スプレッド

通貨ペア

スプレッド

米ドル/円

0.2~3.6銭

豪ドル/米ドル

0.9~4.5pips

ユーロ/円

0.5~5.4銭

NZドル/米ドル

1.4~7.4pips

英ポンド/円

1.0~8.9銭

ユーロ/英ポンド

0.8~6.8pips

豪ドル/円

0.7~5.4銭

ユーロ/豪ドル

1.4~8.4pips

NZドル/円

1.2~7.2銭

英ポンド/豪ドル

1.4~8.4pipss

カナダドル/円

1.5~7.9銭

ユーロ/NZドル

2.9~9.9pips

スイスフラン/円

1.6~8.9銭

英ポンド/NZドル

3.9~10.9pips

南アフリカランド/円

1.0~4.5銭

豪ドル/NZドル

1.9~8.9pips

メキシコペソ/円

0.3~2.9銭

米ドル/スイスフラン

1.5~8.5pips

トルコリラ/円

1.7~7.5銭

ユーロ/スイスフラン

1.6~8.6pips

ユーロ/米ドル

0.4~3.6pips

英ポンド/スイスフラン

2.6~9.6pips

英ポンド/米ドル

1.0~8.9pips

 

*2 通常スプレッドは各営業日「AM3:00~AM9:00」の時間帯で提供(例外あり)。市場の急変時(震災などの天変地異・各国中央銀行の市場介入・その他外部要因)、市場の流動性が低下している状況(米国東部時間午後5時前後・年末年始・クリスマス時期など)や重要指標発表時間帯などにより、スプレッドが拡大する場合があります。

取扱い通貨単位

1000通貨から

高金利通貨ペアのスワップポイント*3

トルコリラ/円

南アフリカランド/円

32円/日

69円/日

*3 2020年11月16~20日の1日あたりの平均数値です。トルコリラ/円は1万通貨、南アフリカランド/円は10万通貨あたりのスワップポイントです。スワップポイントは各国の金利情勢等により日々変動します。プラスからマイナスに転じる場合もあります。一般的には高金利の通貨を売り、低金利の通貨を買うとスワップポイントの支払いがあります。

注文方法

成行・ストリーミング/指値・逆指値/IFD/IFD-OCO/OCO

「LINE FX」口座開設はこちら!

■「LINE FX」トレード体験記の記事一覧
【※「LINE FX」トレード体験記第1回はこちら!】
⇒かつてFXで1600万円の損失を出した人気漫画家の小田原ドラゴンが「LINE FX」でトレードを再開!

【※「LINE FX」トレード体験記・第2回
⇒LINE FXに口座開設! いよいよ小田原ドラゴンのFXリベンジがスタートする!

【※「LINE FX」トレード体験記・第3回
⇒LINE FXに高機能PCツールが登場! 小田原ドラゴンは儲けることができたのか?