ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
はい上がれる人、はい上がれない人――「負け組社員」リベンジの十字路

組合を牛耳る“年上の部下”に大苦戦!
崖っぷちからはい上がった若き営業部長

――“死んだふり”で社長を抱き込み、宿敵に勝った高知氏のケース

吉田典史 [ジャーナリスト]
【第5回】 2010年3月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 世代間抗争――。

 若い社員を抜擢すると、年上の社員はとかく嫉妬やジェラシーを感じるものだ。なかには、引きずり下ろされる若手エリートもいる。

 連載5回目は、少し趣向を変え、“年上の部下”に執拗に陥れられそうになるものの、あわやというときに「負け組」に陥ることなく、それを上回るしたたかさで苦境を乗り越えた30代の部長を紹介しよう。

 社内抗争により、否応なく「負け組」に陥る会社員は後を絶たない。リベンジの糸口さえ見つけられずに意気消沈している人も多いだろう。もしそういう読者がいれば、「彼の行動のどこが優れていたのか」を注意しながら読んで欲しい。

-------------------------------------------------------------
■今回の主人公――はい上がった「負け組社員」

高知 勲(39歳)仮名

大手電機メーカーの関連会社(社員数900人)の若き営業部長。大手製薬会社から中途採用試験を経て入社。営業成績はよく、なかなかしたたかでもある。時おり感情的になり、揚げ足をとられることも。年上の“労組出身の部下”への対応に苦慮している。
-------------------------------------------------------------

(※プライバシー保護の観点から、この記事は取材した情報を一部デフォルメしています)

労組と経営陣の慣れ合いを叩き潰す
“30代エリート部長”が広げる波紋

 「今回は、30代の営業部長が誕生します……」

 管理職会議で、人事異動と昇進についてアナウンスがなされた。

 部長になるのは、仙台支社課長を務める39歳の高知勲だ。

 「高知……? 誰、それ?」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

吉田典史 [ジャーナリスト]

1967年、岐阜県大垣市生まれ。2006 年からフリー。主に人事・労務分野で取材・執筆・編集を続ける。著書に『あの日、負け組社員になった・・・』『震災死 生き証人たちの真実の告白』(共にダイヤモンド社)や、『封印された震災死』(世界文化社)など。ウェブサイトでは、ダイヤモンド社や日経BP社、プレジデント社、小学館などで執筆。


はい上がれる人、はい上がれない人――「負け組社員」リベンジの十字路

格差の固定化と大不況のダブルパンチに見舞われた日本の企業社会では、「負け組社員」が続出している。労働問題に精通した著者が、徹底取材で得た生のエピソードを基に、世のビジネスマンが負け組からはい上がるためのノウハウを詳しく教える。

「はい上がれる人、はい上がれない人――「負け組社員」リベンジの十字路」

⇒バックナンバー一覧