ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。
【第1回】 2016年9月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
原田まりる [作家・コラムニスト・哲学ナビゲーター]

【『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』試読版 第1回】
祝福できないならば呪うことを学べ

1
nextpage

「私はニーチェだ。お前に会いに来てやった」
目の前に立ちはだかった男は、たしかにそう言った。
「えっと、すいません人違いじゃないですか?」
「今日、縁切り神社で、お願いしただろう?悪縁を切り、良縁を結びたい。これまでの古い自分から、新しい自分に変わりたい、と。
「私はお前を“超人”にするために、こうしてやって来た」


 17歳の女子高生・児嶋アリサはアルバイトの帰り道、「哲学の道」で哲学者・ニーチェと出会います。
 哲学のことを何も知らないアリサでしたが、その日をさかいに不思議なことが起こり始めます。
 ニーチェ、キルケゴール、サルトル、ショーペンハウアー、ハイデガー、ヤスパースなど、哲学の偉人たちがぞくぞくと現代的風貌となって京都に現れ、アリサに、“哲学する“とは何か、を教えていく感動の物語。本連載ではいち早く話題の哲学エンタメ小説『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』の中身を、先読み版として公開いたします。

プロローグ

 「“ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず”と方丈記にもありますが、これは古代ギリシャの哲学者、ヘラクレイトスの思想に通ずるところがあります……」

 そう言うと先生は背を向け、黒板に字を書き始めた。静まり返った教室にはカッカッとチョークの音が響く。暖かな春風はカーテンをそよがせながら眠気を誘う。

 六時間目の倫理の授業は、ただひたすらに退屈であった。私はうつむき、真剣に教科書を読むふりをしながら、机の下でスマホを手に取る。

 今日はなんのやる気も出ない。

 正直、ものすごく落ちこんでいる。

 昨日、あの現場を見てしまってからずっとこうだ。

 私には好きな人がいる。たまたま学園祭に遊びに来ていた、立命館大学の大学生だ。

 けれど、昨日その彼が、綺麗な女性と仲良さげに腕を組んで歩いているところを目撃してしまった。

 そして彼と腕を組んで歩いていた彼女は、陸上部で一緒だった由美子先輩であったのだ。

 私と、その彼とは仲良くなって半年ほどだったのだけれど、一ヵ月ほど前から連絡が途絶えていた。

 「付き合おう」と正式な交際宣言があったわけではないけれど、放課後に待ち合わせて二人でご飯を食べに行ったり、休日には二人きりでデートを楽しむ仲であった。

 しかし、一ヵ月ほど前に「家に遊びにおいでよ」という誘いを断りつづけたあたりから、彼の態度は変わってしまった。

 連絡しても「忙しい」を連発されるようになり、「忙しい」は徐々に既読スルーへと変わり、最終的に私から連絡することも、はばかられるようになった。

 返ってこないと覚悟しながら、一方的にメッセージを送りつづけるというのは、莫大なエネルギーを消耗する行動だ。

 連絡が返ってこなくなってすぐの頃は、「きっと、いま忙しいんだ」と無理やり自分を納得させる理由をつくりだし、前向きに考えてみたり、何かの話題にかこつけて、彼が返しやすいような疑問形のメッセージを送るなど、奮闘してみたものの、あっさり無視される現実を目の前に、ついに私の気力は使い果たされてしまった。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


原田まりる(はらだ・まりる) [作家・コラムニスト・哲学ナビゲーター]

1985年 京都府生まれ。哲学の道の側で育ち高校生時、 哲学書に出会い感銘を受ける。京都女子大学中退。 著書に、「私の体を鞭打つ言葉」(サンマーク出版)がある。


ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

17歳の女子高生・児嶋アリサはアルバイトの帰り道、「哲学の道」で哲学者・ニーチェと出会います。哲学のことを何も知らないアリサでしたが、その日をさかいに不思議なことが起こり始めます。キルケゴール、サルトル、ショーペンハウアー、ハイデガーなど、哲学の偉人たちが続々と現代的風貌となって京都に現れ、アリサに、“哲学する“とは何か、を教えていきます。本連載では、話題の小説の中身を試読版としてご紹介します。

 

「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。」

⇒バックナンバー一覧